Loading...
女優

2019年以降はこうしよう ゆうちょ銀行でマイナンバー登

2019年以降はこうしよう ゆうちょ銀行でマイナンバー登。当然ですマイナンバーを人に教えると言うことは必ず悪用のリスクが伴うとお考えくださいまた政治的な要因を考えてもマイナンバー制度は預金封鎖の布石ですので登録はあり得ないですねマイナンバー制度の目的は預金封鎖目的でしかありません。ゆうちょ銀行でマイナンバー登録を求められたときは拒絶するのが賢いのですか 銀行にマイナンバーは教えなくちゃいけないの。年月から始まったマイナンバー制度に基づき。銀行の口座開設でマイ
ナンバーの提出を求められる機会が増えています。複数口座の資産を国が管理
することは非常に難しかったのですが。マイナンバーで全ての銀行口座が紐づけ
される現状は利用者側にマイナンバー提出の義務はありませんので。口座を
作る際に提出を求められても拒否できます。 ですが今後マイナンバー制度が本格
化するにつれて。必ず提出しなければならないときがやってきます。2019年以降はこうしよう。そのため。日本に一時帰国してマイナンバーを取得?登録し。海外居住者用
サービスだけを利用する事が最も証券会社にマイナンバーを提出しなかった時
の制限年の夏頃までは大半の銀行が大丈夫だったのですが。それ以降利用
出来なくなった銀行が一気に増えました海外居住者の方であればそもそもマイ
ナンバーの提出を求めない場合もある。新生銀行, マイナンバーの提出がない
と一部サービスの利用ができません。年以降に口座を作られている

マイナンバー制度について。行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律以下
。番号法という」の施行により。なお。マイナンバーは「ゆうちょ
ダイレクト」からは登録できませんので。お近くの郵便局の貯金窓口または
ゆうちょ銀行建設業退職金共済事業本部。建退共ホームページ掲載の各種申請書様式ダウンロード様式につきましては
順次新様式に更新する予定でおりますので。マイナンバー法に基づく「個別
番号利用事務実施者」になること。および中小企業退職金共済方の一部改正
平成28平成から。退職金の振込口座としてゆうちょ銀行の総合
口座を選択していただくことが可能となりました。反社会的勢力を排除する
条項」への同意を求めるものとし。同意が得られない場合は退職金共済契約を
締結しない。

当然ですマイナンバーを人に教えると言うことは必ず悪用のリスクが伴うとお考えくださいまた政治的な要因を考えてもマイナンバー制度は預金封鎖の布石ですので登録はあり得ないですねマイナンバー制度の目的は預金封鎖目的でしかありません。1997年から 預金封鎖をする計画があることは 国会答弁や経済誌 日経新聞で明らかになっており この時に 預金封鎖をするには国民総背番号制が必須であると結論付けられています。1997年大蔵省原案預金等に関するもの、株式も別にホフリを使って別途徴収?国債?地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする ?郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。このため預金者などに対しては一切の払い出し?解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。?民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットするマイナンバーが無くても預金封鎖ができると言うのも間違い。 犯罪収益移転防止法では個々の脱税は追えますが現在の口座には 「個人 法人 日本人 外国人」と言うフラグはついていませんから ?預金封鎖は1946年2月ですがその前の1945年10月にGHQから財産税の指令が日本政府に来ています。これはのちに日銀の発券局長が認めています。?「日本銀行職場百年史」によるとに大蔵大臣に就任しした渋沢敬三が真剣に預金封鎖と新円切り替えを考えたのは11月と回想しています これにより当初は1946年10月頃に預金封鎖を行うことで調整していたものを先にインフレが急速に進んだもので急遽2月に繰り上げて行うことになります。 本来なら1946年10月までの間に、一部の資産家や政治家は資産を逃がす準備期間としては十分であろうと考えられていたところに繰り上げになりましたが彼らには抜け道が用意されることになります。GHQや大蔵省に対して政治的に働きかけて一部の人間は封鎖解除してもらうことがあったそうです。平成元年2月8日の日経産業新聞に掲載された福田赳夫元首相、当時は大蔵官僚の回想で明らかにされています。 福田赳夫はGHQや吉田茂に呼び出されて便宜をはかるように求められることがたびたびあったそうです。このような経緯を考えても 外国人は免責されたと考えるのが妥当でしょう。なお 預金封鎖が実施されている中でも旧円で株を買い新円で売り抜けることは可能だったのでそのような抜け道を教えてもらって財産没収を免れた人もいたそうです。 今の日本で預金封鎖をするにはマイナンバーで事前に区分けしていれば こんな手間暇はかかりませんからマイナンバーは絶対に浸透させたいでしょうねぇ拒否することがなぜ賢いのですか。税務コスト削減がいずれ国民の税負担の軽減に結びつきます。マイナンバーを嫌う人はさかんに個人情報が芋づる式に漏洩する危険性を問題にしていますが今までそのような事例は聞いた事がありません。拒絶する意味がわかりませんので賢くないですよね秘密の脱税口座でも作りますか?正しく使うならマイナンバーのヒモ付は必要ですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です