Loading...
テクノロジー

1599年 毛利輝元や上杉景勝は減封だから家康に従いまし

1599年 毛利輝元や上杉景勝は減封だから家康に従いまし。当たり前なんだけど、戦いには敵を倒すのは正しいと思わせる大義名分が必要で、その尤もらしい大義名分の旗に皆が従うのだ。毛利輝元や上杉景勝は「減封」だから家康に従いましたが、これが「改易」だったら温存していた毛利軍や上杉軍で家康と一戦交えましたか

戦になったらどういう展開になりますか 関ヶ原の戦いで敗れた西軍諸将の減封処分まとめ。つに大別されます。そのうち。ここでは処分としては最も軽い減封処分に処せ
られた諸将についてまとめます。毛利輝元 安芸万石→周防?長門
万石-万石 当初。広家は「毛利家が戦闘には参加
しないこと」を条件に毛利家の領土安泰という約束を家康に取り付けていました
。しかし。輝元が西軍上杉景勝 会津万石→米沢万石-万石 上杉
謙信を家祖1599年。豊臣家> 慶長年。豊臣秀吉の死後。徳川家康は縁組み禁止法度を破り諸
大名と婚姻関係を築く。去る十九日に内府へ婚姻について前田利家?宇喜多秀
家?毛利輝元?上杉景勝?前田玄以?増田長盛?浅野長政?石田三成?長束正家
らが使者を送った。。昨年越前北ノ庄へ減封されていた小早川
秀秋が。筑前名島万石へ復帰となる。三成へもこの前毛利秀元に軍勢を三千
遣わせる命令を伝えました。大谷吉継はよくご存知で。ただ引き取って加担する
のは

日本史。日本史が大好きな店員。小日向えりさんのもと。歴史好きの平野詩乃さん。市瀬
悠也さんが集まってきました。悠也 「豊臣秀吉は全国統一をしたけど。たった
10年で家康に取って代わられて。その家康徳川家は幕府を260年も続け
おきらが。三成の西軍せいぐんには毛利輝元もうりてるもと?
宇喜多秀家うきたひでいえ?小早川秀秋こばや西軍に属した多くの大名
は。領地を没収される改易や領地を削減される減封げんぽうなどの処分を受け
ました。上杉景勝とは。上杉景勝の生涯をイラスト図解入りで解説。上杉景勝うえすぎ-かげかつ
米沢万石に減封されても男は黙って以下略上杉景勝 景勝は。越後新潟県
坂戸城主?長尾政景の子として弘治元年越後上田に生まれました。母は
上杉謙信の姉?仙桃院せん徳川家康? 前田利家? 宇喜多秀家? 毛利輝元

古城万華鏡Ⅲ。だから。利長の気持ちはよくよくわかるぞ。この時の徳川家康と前田利家との
和解に尽力したのは。加藤清正?細川忠興?浅野長政そして前田利長でした。
結果加賀藩は。利政の能登領や山口氏の旧領を含む。加賀?越中?能登の120
万石を徳川家康により安堵されました。た哀れな宇喜田秀家や。112万から
35万石に転落した毛利輝元。120万石から35万石に減封された上杉景勝と
は直江兼続②????戦下手の上に外交も。本日も『愛』の兜を被った小生意気な青二才。つまり上杉景勝の家老?直江兼続
の続きでしたな????。」石田三成は兼続を呼んでこう焚き付けました。」
子 「『太閤様も前田利家殿も亡くなり。このままでは豊臣政権は徳川家康に
乗っ取られてしまう。三成や兼続のシナリオでは。家康公が会津へ向かった隙
に。大阪城の豊臣秀頼君と五大老の一人。毛利輝元を抱きこんで『徳川を討て!

直江兼続とは。慶長年年に上杉家は越後から会津へ移封されるが。この時万石の
うち米沢万石が兼続に与えられた。 関ヶ原の戦い 豊臣秀吉死去後は徳川家康
との対立路線へと進む。家康から上杉家の謀反の疑いを天地人。慶長年年。秀吉から越後から万石で会津へ移封となった上杉景勝。
慶長年には米沢へ移されました。 毛利輝元?上杉景勝?前田利家?石田三成
と家康とが対立し。関ヶ原へと向かう要因になります。景勝は。本格的に家康
と戦争をする覚悟であったようです。兼続主従は。慶長年月に徳川
家康の面前に出頭し。会津万石から米沢万石への減封を言い渡されます。

当たり前なんだけど、戦いには敵を倒すのは正しいと思わせる大義名分が必要で、その尤もらしい大義名分の旗に皆が従うのだ。質問の場合は豊臣秀頼を擁した徳川が秀頼の敵として両家を追討するわけだから、いかに毛利や上杉が強大国と言えど敵対すれば北条氏のように滅び去るのみ。だから恐らくは無条件降伏をして家名を残す道をとったと思われるこの両家は現実的には改易です。上杉30万石は直江兼続の米沢30万石。毛利36万石は吉川広家に与えられた防長2国を辞退して宗家に与えられるようにしたものです。景勝は戦うでしょうそしてこのような手紙を佐竹に送りますなかんずく景勝はよき時代に出生し、弓箭を携えて、六十余州を会津一国をもって相支え一戦を遂げ滅亡せしむこと、死後の思い出、景勝にははなはだ不相応に候か。もし又死を出でて一生せしむるにおいては、日域=日本無双の英雄たるべきか。死生の面目?歓悦天下の誉れ、人々その羨み巨多たるべきか。一戦交えるとなるとお家分裂するでしょうね秀吉死後の諸大名の家中は?かなりお家騒動を抱えていました長宗我部家もそうです香曽我部家から家康に対して?盛親と別心して在国している?とする書状を8月中に出しています徳川方が謀略で長盛を上洛させた事などはありませんですから家臣団が一枚岩の所なんてほぼありません毛利家も輝元が当主権を確立するのが関ケ原後ですから?まだまだ一枚岩ではありません上杉も当主=景勝に反対する勢力を会津移封の折に越後に残していましたし?新規に牢人衆を雇ったすぐ後ですから?まだまだ統率出来ていませんそんな状況で関ケ原を勝利した家康に戦で勝つ事はできないでしょうね内通者続出だと思いますどうせ潰されるんだったら、イチかバチか一戦交えてやろうと、当然考えたでしょう。長宗我部家クラスの大名でも、取り潰されるなら土佐に籠って、抵抗しようという素振りが見えたから、徳川家は謀略を用い、替え地を与えるという名目で、当主の盛親を京に上洛させて、軟禁状態においています。また、宇喜多秀家に対しては、逃亡後、居城の岡山に戻れぬよう、厳重な警戒を行っています。ですから、毛利も、上杉も、100万石を越える所領があるのだから、潰されるとなれば、徹底抗戦に動いたと考えるべきです。戦った可能性は高いです。毛利は関ケ原時には四国、九州、中国とそのほとんどを支配下に置いているので、島津と協力して反抗をした可能性はあります。上杉は徳川が来る前に東北勢力を支配下に置いたかもしれませんし、佐竹や前田と連携を取った可能性もあります。改易を指示すれば反抗した可能性があったので徳川の判断は間違っていないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です