Loading...
テクノロジー

電車のご利用案内 電車の寿命は何年ですか 名鉄はこの電車

電車のご利用案内 電車の寿命は何年ですか 名鉄はこの電車。だいたい30年から40年とされている。電車の寿命は何年ですか

名鉄はこの電車を1976年から43年も使っていて、現在でも「特急」としても使っています 電車のご利用案内。電車のご利用案内 電車のご利用案内 分以上の列車の遅れはございません
発生のダイヤの乱れについてお詫び 新型コロナウイルス感染症
「緊急事態宣言」再発令令和年月日に伴う定期乗車券の特例払いもどし新幹線0系電車とは。新幹線系電車とは? 新幹線系電車しんかんせんけいでんしゃは。日本国有
鉄道国鉄が年昭和年の東海道新幹線開業用に開発した。初代の
営業用新幹線電車である。同時に。「世界初の高速鉄道車両」でもある。表Nゲージ。円 名鉄名古屋鉄道 ゲージ 増結両編成セット動力無し
グリーンマックス?「鉄道模型 名鉄名古屋鉄道☆ ゲージ」 ホビー
鉄道模型 電車 名鉄系次車 ゲージ」 ☆ゲージ 増結両編成セット動力

?赤い電車?と言えば名鉄?愛知ご当地鉄道事情。中京地区で赤い電車と言えば名鉄。系電車は年に登場した筆者撮影
日本三大都市といえば。そして名古屋鉄道はこの名古屋本線を軸としつつ。
愛知県内各方面に路線の羽を広げている。 愛知県の鉄道を語る鉄道車両の寿命どう決まる。鉄道車両の寿命はいったいどのくらいなのか。廃車になるきっかけはなんなのか
。老朽化以外に路面電車は鉄道車両のなかでも「長持ち」の部類に入る。とさ
でん電車の場合。税制上の耐用年数は年です。しかし年電車の寿命は何年ですか。

だいたい30年から40年とされている。極端な話をすると、電車の寿命ってモーターと台車の寿命ってことになる。で、乗用車などの自動車と大きな違いとして、一つ目に自動車は一般的にモノコック構造といって、シャーシ車台とボディーが一体化した構造に対して、電車はボディーと台車が分離した構造セパレート構造になっている。モノコック構造は、一番イメージしやすいのは、自動車のプラモデル。ボディーに直接足回りやモーターなどを取り付けるよね。モノコック構造では車が走るときに生じる外力がボディーに直接かかることで、車台の構造を保っている。これによってボディーの軽量化を図りつつ、外力に対して十分な剛性を持つ構造を作ることができるんだ。ところが、外力がボディーに直接かかることで、長年使っている間に、ボディーに歪みやポディーの剛性が若干弱くなってきてしまうんだ。そのため、車体がへたった感じとなるんだな。もちろん、かなり長持ちするものも作れるが、車重は重くなり、モノコックボディーの良さが失われてしまう。また、乗用車の所有は趣味やステータスといった側面があるから、数年ないし10万キロ走ればいいという前提で作っているため、だいたいその頃に寿命が来るように設計をしているのである。一方でセパレート構造であるが、列車や自動車でもトラックやバス、乗用車でもごく一部のものに用いられている。これは車台に足回りや動力機関、そしてポディーを乗せる構造である。そのため、モノコック構造と違い、ボディーに走行による空気抵抗など以外は外力はかからない。外力がかかるのは車台ということになるイメージとしては、荷物を運ぶ台車の上に箱を載せているようなものである。で、この構造の場合、車台に全ての荷重や外力がかかるためかなり頑丈に作る必要がある。それに耐えうる車台を作るにはかなり頑丈にする必要があり、非常に重くなるが、経年や使用による歪みや剛性の低下などの耐久性がモノコック構造よりも高い。だから、電車やトラックなどは20年以上、毎日走らせても問題がないんだ。次にモーターやエンジンなどの動力源。制御システムなどを除いても、モーター本体とエンジン本体とでは、モーターの方が部品点数が少なく単純な構造をしているのに対して、エンジン本体では部品点数が多く複雑な構造をしている。つまり、エンジンの方がオイルやグリスなどで潤滑させているとはいえら、摩耗する部分も多く、また故障もしやすいってことなんだ。で、摩耗する部分が多いというのは結構厄介な話で、一つ目にエンジンで発生するエネルギーをロスしてしまうことと、もう一つは摩耗が進むことで、エンジンが発生するエネルギー自体が落ちてしまうことである。部品が摩耗することで、部品の機械的な狂いが生じ、エネルギー発生の効率が落ちるってことなんだ。そのため、自動車のエンジンは使えば使うほど、出力が低下するようになっていて、例えばカタログで200馬力と書いてあっても、数万キロ走れば、状態が良くても8割、最悪、6割や半分の出力しか出なくなってしまうんだ。一方で電気モーターの場合、摩耗する部分はモーターの軸を受ける軸受けのベアリングだけで、さらに電車のモーターのベアリングは、ユニットごと交換できるようになっている。モーターの中は、電気コイルと永久磁石でできているため、軸受のベアリングのユニットを交換さえすれば、電気モーターは半永久的に使うことができるんだ。しかも、エンジンのような内燃機関と違い、出力は維持できるわけである。制御装置や保安機器の問題、車両の使用頻度や運行速度、乗客の数などによっても変わってくるし、カーブや加減速が多い運用であると、故障頻度も増え、寿命も短くなってくるが、電車は耐久性が非常に高い乗り物であるんだ。大体は3?40年ぐらいで設計します。ただ、部品の交換や保守をしっかりすれば、40年以上も活躍しますし?中にはジョイフルトレインや検査車両に改造されるものもあります。逆に、JR東日本などはかなり速いペースで新車両を製造するため短期間で引退したり、その車両が担当している列車が廃止されたり?特殊な車両だと、保守が大変な場合があるため20年ぐらいで姿を消す車両もあります。E331系や、E351系などがその例です。一般的には2、30年といわれますが、それを過ぎてもまだまだ走っている車両も多くいます。広島電鉄では戦争の時代を体験した車両がまだ現役です。この時代の車体は40年で設計されているので、適切に補修すれば50年くらいは十分使えますし、走行装置もこの時代のものは、部品があり補修が可能なら、同じかそれ以上使えます。むしろ、パワーエレクトロニクスを使った現代の車両の方が、走行装置の寿命は短いですね。補修不可能になるので、総取替して、車体をいかす感じになります。劣化の速度を遅くするメンテナンスを行い、時代に即したリニューアルを行えば、100年はもつものです。補修?交換のための部品が確保可能な限り。採算コストとか顧客満足度とか考えなきゃある意味ないに等しいのでは?もちろん商売ですのでそうはいってられませんが西武のレッドアローなんて、なかなか怪しい音しますし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です