Loading...
アスリート

筋トレ初心者必見 筋トレの『自重トレ』について質問させて

筋トレ初心者必見 筋トレの『自重トレ』について質問させて。簡単な目安として、大体10回で力尽きるトレーニングは高負荷ですね。筋トレの『自重トレ』について質問させていただきます
よろしくお願いしますm(_ _)m

例えば腕立て伏せ
???両脚を椅子の上に乗せて、3秒かけて下げる 3秒かけて上げる 10回くらいで、かなりきついです あと、2回前後出来そうですが、とりあえず、10回でやめます
約1分休んで、また同じやり方をしますが、だいたい、7回くらいで、限界です オーバーな言い方ではなく、本当に『もう上がりません 』いくらふんばっても、『まったく腕がのびません 』全身に力を入れて、『グアアア~~~~??? 』って、ふんばっても、『まったく上がりません 』沈んでいくばかりです
そこでやめて、また約1分くらい休んで、また、同じやり方をします
今度は、5回くらいで、もうムリです 本当に
で、終わり???なんですが

腕立て伏せに限らず、スクワットなんかだいたい同じなんですが、こんな追い込み方の『自重トレ』は、いわゆる『高負荷』でのトレーニングとは言えないのでしょうか

ぶっちゃけ、負荷としては、高いですか 低いですか 中くらいでしょうか

回答よろしくお願いしますm(_ _)m筋トレの『自重トレ』について質問させていただきます。

筋トレ初心者必見。筋トレを始めたいけど何から始めよう」 「ジムに通うにはお金がかなり必要
なのかな?」 近年注目を集めている筋トレ。 筋トレが趣味の方はもちろん。
これから筋トレを始めたい方も自宅で簡単にできる筋トレメニューを紹介します
!筋トレの『自重トレ』について質問させていただきます。いずれかを含む。筋トレの『自重トレ』について質問させていただきます よ自重の筋トレだけでボディービルダーを目指す究極の方法論。要するに。一切。ジムに置いてあるようなウエイトマシーンを使わず。肉体を
作り上げたのです。 しかも。ベストボディ?筋肉とは? についてお聞き
してきました。自重トレーニングだけでつくられた岡崎さんのカラダを。見せ
ていただいてもよろしいですか? もちろんいいもちろん。純粋に筋肉肥大を
させる目的でしたら。マシーントレーニングは効率的でいいと思います。 ただ。
スポーツ質問に対してすぐに返答いただける点も良かったです。 週回の

筋トレは自重だけで充分。今回の記事では。自重トレーニングについて解説します。無理なく毎日継続でき
て尚且つ効果が高い自重の筋トレのメニューの詳細や効果の高い筋トレ。成功
させるにはどうすれば良いのかなど。また自分の家の中でおこなうため。ジム
のように人目が気になるというようなこともありません。プロトレーナー直伝自重トレーニングだけで大胸筋を鍛える4つ。ジムに行く時間がない方でも。家でだったら隙間時間で鍛えることができます
よね。この記事では。自重トレーニングの紹介。筋トレの注意点などを紹介し
ています。 時間はないけど。について詳しく解説しています。詳細まで
しっかり解説しますので。ぜひ参考にしてください。大胸筋は効果が比較的に
早い段階で出やすいので。鏡で毎日チェックするのが楽しくなりますよ。

理想的な筋トレの頻度は。筋トレを始めるとなると。週にどれくらいの頻度で取り組めばいいのか悩む方も
いると思います。特に初心者トレの頻度 まず。筋トレ初心者が筋トレを
始める場合のトレーニングの頻度や時間について見ていきましょう。また。
日で全身をトレーニングしてしまうと。全身の筋肉を回復させるためにも。最低
日は休まなくてはなりません。トレーニングと休息をバランス良く取り入れ
られるメニューになるよう。考慮しましょう。 ここでは。よくあるご質問

簡単な目安として、大体10回で力尽きるトレーニングは高負荷ですね。ただ、自重だとすぐに限界を超えて20回以上できるようになるでしょう。そうなると自分にとって低負荷になります。と、普通のやり方なら高負荷だと言えますが、スロトレのように3秒ルールで無理やり10RMに置くやり方も高負荷と言うのかは微妙だと思いました。が、ゆっくり下ろす時のエキセントリック収縮が筋肉にとって負荷が大きいので、やっぱり「高負荷」だと思います。筋力は等尺性?等張性?等速性の三種類あって低?中?高負荷は等速性収縮の指標なので書かれているようなゆっくり行うトレーニングは分類外年齢にもよりますが筋肉合成率から定義されている高負荷は10R~20R1Rの60~75%等尺性?等張性?等速性のいずれの場合でもトレーニングによる筋量増加は確認されています少なくとも、現状の質問者さんにとっては、十分高負荷で、超回復もしてると思います。無理に重くしたり、上げ下げのペースをあげたりすると、関節を痛めそう。15回3セットが出来るまでは継続で良いのでは?それが出来たら床の上で膝つき腕立て→ハーフ腕立て→普通の腕立てみたいな流れでだんだん負荷を上げていけば良いかと。筋肥大だけが目的なら、ベンチプレスとかの方が早いみたいですが、自重の方が実用的な筋肉がつくようです。一応、一般的な言葉の定義として、「高負荷」というのは、一発での最大挙上重量の、その85%以上の負荷を言う。言い換えると、6回以下の反復で間違いなく潰れてしまうという「重さ」のことを指す。こういうのは、3秒で下して、3秒で挙げるなどということでなく、反動無しでの各自の最適スピードでやるのが前提。スロトレなら低負荷がウリの筈だから、スロトレをやっていて、それで高負荷であるはずがない。12R以上が可能ということでもあり、これは明らかに「低負荷」。腕立て伏せが高負荷に成り得る人というのは、通常の最適スピードでの自重腕立てを目一杯頑張っても、その反復回数が6Rに達しない人。そういう人にとっては、腕立て伏せは「高負荷」なのです。で、少しずつ筋力を得て、6R~12Rが可能になったら、その時、その人にとっての腕立て伏せは「中負荷」になります。更に、筋力筋量を得て、12R以上が可能になった時点で、それは「低負荷」になったことになるわけです。とりあえず12回できるなら、12回やる。次に7回なら7回やる。これを一回でも多くすることを目指す。そうすると10回三セット位はできるようになるかも。20回三セットもできたら、自重腕立て伏せは卒業ですね。自重は中負荷ですかね。懸垂は比較的高負荷。できるなら、おすすめ。いわゆる、高負荷、ではない。でも、トレーニングにはなっていると思う。ただ、局所的に鍛える事には向かないトレーニングだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です