Loading...
時事

第三十四回 この前エホバの証人 から勧誘が来ました 3ヶ

第三十四回 この前エホバの証人 から勧誘が来ました 3ヶ。元エホバの証人です。この前エホバの証人 から勧誘が来ました 3ヶ月に1回くらい来るのですが、毎回「ものみの塔」 ってやつを持ってきて、なんか内容見せられます 前は家にいるのが私だけの時にも来て、なんかちょっと意味のわからない説明をしてました 私は中学生なのですが、このことを親に言うと「これ読んどきなさいよ」と言われ、ちょっと怖くなりました まさか、エホバの証人に入信してる訳ではないよね って思ってしまいました いつも来る女性2人組はとても優しい方です よく世間話とかしてくれます 母は、大山ねずのみことの信者です でもなんか、少し怖くなりました これからどうやって宗教と付き合っていけばいいのでしょうか エホバの勧誘はまた来ると思うし、私は大山ねずのみことに自動的に入信させられてるし… とても難しいです 誰か助言お願いします 小山市。そして東京からは東北新幹線で直通。在来線でも都心へ時間半程で出れる事も
あって微妙にベッド – ページ 「安倍前首相を不エホバの証人の小山市横倉
会衆宗教団体電話番号–の情報を見るなら。タウンページ。
, 来る日曜日からミラノにおいて三ヶ月ぶりに会堂礼拝を再開させる
予定で準備中ですが。このようなニュースに触れる芸能人にもエホバの証人の
信者がいるのかを調査してみました!, 引用 ////
/,

エホバの証人。小さい頃。エホバの証人だった母を父が家から追い出した為。私は作者の方より
は早目に宗教から離れる事ができましたあるのかな?とも思いましたが言い方
や。顔の表情などそのとおりだったらすみません_ 」∠_ この宗教の何が
を休み。その間聖書通読をして其の福音から回心を決心し。地下活動に繋がり
大量脱会した事例が書かれていました。少し前に出版された。いしいさやさん
の『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』も。この本と同じエホバの
証人の「エホバの証人」元信者女性が自分の体験を漫画にした理由。この度。いしいさんの連載をまとめた『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子
の話』が発売。元エホバの証人のいしいさんに。この漫画を描くにあたった経緯
とともに。宗教団体「エホバの証人」について語ってもらった。 取材?文/伊藤

エホバの証人。外国の好青年や近所のおばちゃんが自宅の玄関に宗教勧誘に来た事があるという
経験を持っている人も多いでこの事件は判例として法学的にも有名となり。
エホバの証人がメディアにも注目された事件と言えるでしょう。事件の判決は
最高裁にまでもつれ込み。原告の勝訴となりました。, 簡単に事件の最高裁による
判決をまとめるエホバの証人の排斥システムは。審理委員会最低人から
排斥の処分を受けた信者は。エホバの証人とはみなされなくなります。第三十四回。これまでガイドラインというものを作成してきておりましたが。一段落が
着きまして。さらにガイドラインのまず。エホバの証人というのは。
プロテスタント?カトリック教会その他宗派系のいずれにも所属しないキリスト
教系のもちろん。この問題は重要なテーマではあるけれど。全ての信者が普段
からこの問題について深く考えているわけでは吉中 京都のエホバの会の事務局
みたいなのをやっている人から~ヵ月前に「会って。懇談したい」と電話が
ありました。

元エホバの証人です。エホバの証人ものみの塔は、カルト宗教ですので絶対に関わらないようにしてください。私は信者になってからカルトだと気が付いて辞めました。近年では、組織内で児童への性的虐待が多発しており、特に問題なのはそういう事件を隠蔽していることです。被害者により世界中で訴訟が起こされて、示談金や賠償金は莫大、そのお金は信者からの寄付で賄われています。しかし、信者にはこのことは知らされていません。マインドコントロールにより、信者たちはそういったニュースは嘘だと思い込まされています。基本、エホバの証人の人たちは真面目で、感じのいい方たちですが、マインドコントロールされているので組織のいいなりです。関わらないようにしてください。多くの二世信者が、この組織により普通の人のような青春を謳歌できずに苦しんできました。以下は、元エホバの証人2世の漫画家の方が、子供の頃を思い出して描いた漫画です。私は今は、宗教そのものに嫌悪感を抱いています。信じたい人は信じればいい、しかし、自分の子供まで巻き込むのはおかしいと思います。あなた自身の人生ですから、ちゃんと自分で決めてください。嫌なものは嫌だと断固拒否すべきです。宗教は恐ろしいですよ。金、思想、自由、時間をすべて奪いますから。信仰は自らの意思で、正しいと確信できるものを選ぶべきです。大人になったらそうして下さい。エホバの証人は、訪問で持ってきた冊子などを読んだくらいでは簡単に信者になれないです。でも、そのうち、王国会館に誘われたり、聖書研究と言った事に、話をしてくるかも知れません。そして、聖書の中には世を否定するような教えや生活で制限を求めるような事など様々な影響が出てきます。当然、他宗教を否定する内容もあります。このまま関わる事は、お勧めできません。今のうちに、王国会館か、訪問者に訪問拒否を伝えておくといいと思います。あと、宗教は、宗教団体によって、脱会、退会方法が違います。でも、子供だからって嫌な思いをしてまで親の信仰に付き合う必要はないと思います。元エホバの証人の信者だったものです。エホバの証人に対しては、はっきりと興味がありませんと断りましょう。一度話を聞いてしまうと、関心がある人とみなされて週1回ほどやって来て、勧誘されます。また、彼らは色々と巧みな質問をしてきて、家の人の情報を収集していきます。ですから、宗教だと気づいたら「興味がありません」と言って、一方的に話を打ち切ってください。それと、彼らは断っても数ヶ月ごとにやってきます。なぜなら、彼らは文字通りすべての住宅を訪問しており、一巡する頻度がそれぐらいだからです。二度と来なくさせる方法が実はありまして、それは「二度と来ないでください、今度来たら警察を呼びます」と強い口調で言うことです。そうすれば、あなたの家を訪問拒否リストに加えてもらえるはずです。ですが、中学生のあなたがこれを言うことは、ちょっと気が引けるかもしれません。ですから、大人になったときの裏技だと思ってください。お母様の件、色々と大変ですね。もし、お父様がいらっしゃるなら、お父様に助けを求めてみてはいかがでしょうか。それができないのなら、1お母様が話の分かる人なら、自分は入信するつもりはないとはっきり言う。ですが、すでに入信させられているということですから、これは難しいのでしょうね。それなら、2とりあえずお母様に従うふりをして、成人したら家を出て行く準備を今からしておく、という方法が考えられます。周りの信頼できる大人に相談してみはいかがですか? 先生とか、児童相談所とか。児童相談所はその名の通り、児童が相談する機関です。まぁ現実問題として、期待した答えが得られない、親身になってくれないこともあるでしょうが、中学生のあなたがもんもんと考えるより、よっぽどましかもしれません。エホバの人はその程度では信者扱いはしませんよ。簡単にはなれないのよ、が彼らの持論ですから。今度来たら「ごめんなさい。やっぱり興味持てそうにないので失礼します。」と言ってドアを閉めればいいんです。話途中にドアを閉めるのは失礼かと思うかもしれませんが、そこで曖昧な態度をとればこれからもしつこく来るでしょう。母親の方は主さん本人が信仰するつもりがないなら、「私やらないから」と宣言しておきましょう。自動的に入信ではなく母親が勝手に手続きしただけです。「やらない、やりたくない」意思表示に母親の許可はいりません。父親は何と言っていますか?大人になったら脱会手続きをしましょう。触らぬ神に祟りなし。オーム真理教を観れば分かるはず。宗教に関わるとろくな事はない。エホバのキチガイども子供が事故で出血多量なのに輸血はしないと言う。死にますよと言うと仕方ないという。そこで病室に矍鑠とした爺さんがはいって来た。輸血が必要ですがと言うと、まだ、そんな事を言ってんのか。と言いながら旦那の顔面に凄いパンチを入れた。そして、構わないから輸血して下さいと言う。こうなったら訴訟でも何でも受けて立つ。腹を決めて輸血しながら手術して一命を取り止めた。あとは何にも言って来なかった。エホバと聞くだけで殴ってやりたくなる。エホバの証人は訪問ルートが決まっています。どのようにして決めているかはわかりませんが、質問者さんの家は訪問ルートの地域にされているようですね。私の家にも毎回違う人でしたが、何度か忘れた頃に訪問に来ていました。留守のときはその小冊子を勝手にポストに入れられてたこともあります。もし、迷惑だと感じているのであれば訪問して来ないように自分の意思表示を相手に失礼のないように伝えることです。私は何度かそうして相手に説明しましたので来ないようになりました。質問者さんは、まだ中学生ということで、実際は言えないでしょうし、社会的な自己判断や責任を問うことは難しいと思いますが、海外では十代で成人とみなす国もあります。なので私は、質問者さんがもし『自分が成人大人になったらと想定してみて』どうやって宗教と付き合っていけばいいのかを考えておくと後々に役立つと思います。先ずは自動的に入信させられてる宗教について、その教えと自分の現実の生活に起きてることに整合性がとれているのか?矛盾や、おかしいと感じることはないかなど、正直な自分の気持ちや考えを一度書き出してみるといいでしょう。その疑問の答えを探すことで、自分の納得できる宗教の向き合い方を見出だせると思います。そのあとエホバの証人についても調べて考察していいかもしれません。今はネットである程度、情報収集ができます。ですがネットの情報も本当と嘘があります。その見分け方が非常に難しいところです。掲載内容が肯定的な内容だから正しいとか批判的な内容だから間違いというわけでは必ずしもありません。なのでそれぞれの宗教の教義教えに基づいて書かれた肯定的な内容や批判的な内容に絞り込んで、冷静に読んでいき『これってそもそもなんでこうなんだろう?』とか自問自答して考察して気になったことは調べてみることがなによりも大切です。そして教え通りの現実が本当に自分にあったのか、なかったのか。この二点を絶対に頭から離さずに検証していかれるとよいでしょう。そうすると今まで気がつかなかった隠れて見えなかった部分が理解できるようになります。そして日本において信仰は自由ですので、続けることも辞めることも改宗することもできます。私は矛盾や間違いのある宗教では総合的に絶対に幸せになれないと自負しております。もし、質問者さんが今の宗教や勧誘されてる宗教がおかしいなって思ったら、成人したときに自分の信仰の自由という権利を理解し、辞めることや辞め方などを調べておいてもいいと思いますし、逆に矛盾や間違いのない宗教って何だろうと調べておくのもいいかもしれません。良くも悪くもネットには必ず賛否両論がつきものですから、そこまでたどり着けないと思いますが参考にはなるでしょう。ですから、自分を見失わないようにして参考までに調べておくぐらいの気持ちでいいと思います。エホバには、三位一体と輸血禁止を許さない限り、この家には入れませんとインターホンで断って下さい。グダグダ言って去らない場合は警察呼びましょう。母の宗教は、所詮そんなもんだと流して付き合い、無理なものは無理!とはっきり拒絶しましょう。大山ねずみの会も今や虫の息です。日本には信教の自由があります。信教の自由は、する自由しない自由棄教する自由、です。何か強制されていると感じるなら、学校から渡されているチラシの子どもの相談センターみたいな名称の所に電話した方がいいでしょう。もしチラシが無いなら学校の先生に言ってその紙をもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です