Loading...
テクノロジー

碍子の種類材質 陶器の碍子 と ゴム ならどちらが絶縁力

碍子の種類材質 陶器の碍子 と ゴム ならどちらが絶縁力。絶縁順位シリコーンゴム>磁器碍子>天然ゴム最近のポリマー碍子は合成樹脂にシリコーン処理で耐圧を上げている。陶器の碍子 と ゴム ならどちらが絶縁力がありますか 碍子の種類材質。またエポキシ掛脂の耐候性。絶縁性能。耐トラッキング性。機械的強度などの
向上がはかられ。 一部では屋外用としても試用されつつある。また材料について
は。エポキシ掛脂を使用しているものが大半であるが。 ポリエステル掛脂を使用
した発変電。に関する用語 強電用に説明してあるため。一般的な意味と異なる場合が
あります。碍子 , 電気を絶縁するための支持物。 絶縁させるための
部分には一般的に陶磁器。他にシリコーンゴム。稀にガラスなどが用いられる事
も有る。碍子とは。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 碍子の用語解説 – 普通,緻密な硬質磁器
にうわぐすりを施した固形絶縁体で,電線その他の導体を用途によっては
ガラス,プラスチックその他の材質のものもあるが,磁器碍子が一般的である。
傘形。ピン形などをした陶磁器や合成樹脂製で。用途や電圧に応じていろいろ
な形の碍子が使われる。ところが開閉サージに対するこれら気中ギャップの
絶縁耐力は雷や交流電圧より低く,あらゆる電圧波形のうちで最低であること,
離隔距離を

絶縁順位シリコーンゴム>磁器碍子>天然ゴム最近のポリマー碍子は合成樹脂にシリコーン処理で耐圧を上げている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です