Loading...
ビジネス

理不尽な要求 小学校での子ども同士のトラブルについての質

理不尽な要求 小学校での子ども同士のトラブルについての質。さて、学校長は何をしているんでしょう。小学校での子ども同士のトラブルについての質問です 小5の息子が、少し乱暴なクラスメイトの男の子に邪魔だとか言われてどつかれました うちの子も負けてはいず、互いに押し返えした結果、相 手の親が自分の子どもが手に充血などの負傷を負ったと医者にかかり診断書をとりました その親はうちに「治療費を支払え、確かにうちの子どもが先に手を出したのは認めるが、怪我をさせたお宅の子どもが悪い」と治療費を請求してきたのです のちにうちの子はこれまで痛いのを我慢してきて2週間経った今、親に打ち明けそして医者にかかり診断書をとりました
そのこともあり、相手の治療費請求を拒否したら、なんと相手の親は警察に通報する騒ぎを起こしたのです 警察は小学生同士のことだが、調書を取り児童相談所に送るとこのとです 相手が先に手を出し、怪我もお互いさまなのですが、先に警察に通報したほうが有利に事が運ぶっておかしいじゃないですか お互い軽い打撲、充血くらいのものを警察に行くとは学校の関係者も困り果てています 学校も相手の子が乱暴者だと認識しており、うちの子のほうが悪くないと言ってくれていますが、なにせ警察を入れたので学校としてはこれ以上 できることは無いと言っています 調書が児相に回ったらその後、どうなっていくのでしょうか また、私としてはこれだけ騒ぎを起こした相手に人権侵害、名誉毀損で訴えたい気持ちです 今後について専門家の方からご教授頂ければ幸いです 小学生「放課後の過ごし方」学童保育。そして増えてくるのが子ども同士のトラブルです。 公園はからっぽ?小学生の
割が「外遊び」をしていない 千葉大学の研究室による調査では千葉市の

子育てワンポイントアドバイス。小学生の年代の子どもは。乳幼児や中学生に比べ。身体の発達が比較的穏やかで
。心の動きも安定しています。しかし。最近。不登校やいじめ。自殺。非行など
。小学生にかかわる様々な問題も増えるに従い。この時期の子どもの心理的な
発達についても関心が持たれるまた。交友関係が広がってくるので。家族より
も仲間同士のふれあいを大切にするようになっいきます。小学校高学年の頃は
。発達が著しい時期ですが。一人ひとりの発達のしかたにもかなり違いが
あります。弁護士が回答「子供同士のトラブル」の相談509件。子供同士のトラブルについてご質問です。 公園で私も含めて。近隣の小学生の
子供達と遊んでいました。その中で。水鉄砲を持参している子ども

友人とのトラブル。友人とのトラブル // 配信分 質問 小学生 小の娘がいます。集団登
下校ではありませんが。複数人で通っています。子ども同士のトラブルには
慎重かつタイミングを大切に考えるようにしてます。娘は小学校年生です。小学校での子ども同士のトラブルについての質問です。いずれかを含む。小学校での子ども同士のトラブルについての質問です 小の小学生のお子さんにスマホを持たせているママたちに質問。子どもの頃からスマホの扱い方に慣れさせておくことで。中高生になってからの
深刻なトラブルを防ぎたいと考えているママもいるようです。小学生のうちは親
のいうこともまだ素直に聞くでしょうし。スマホの管理もしやすい

理不尽な要求。「子供同士のトラブルがあった時に保護者からのクレームに発展させないように
するにはどうすれば?」という質問に。ご自身の経験から答えていただきました
。 沼田晶弘先生 実際に相談をしている気持ちでお読みください。子ども同士のトラブル。お子さまから子ども同士のトラブルに関する訴えがあったら。まずはたっぷりと
時間をとって話を聞きましょう。ポイントは。話のあいまいな部分は質問して。
具体的に内容を把握すること。 よく聞いてみる子どもの話をよく聞いたうえで
。次からはどうすればよいか。子ども自身が気づけるようにしたいものです。
そのようなケースでは。先生がそのときの状況を説明してくださったあと。必要
な対応についてアドバイスしてくださることもあります。もし。

小学生の発達障害って。発達障害の特性については。多様性の一つとして考え。まずは子ども本人の生き
づらさを理解して。個々の特性に合う対応と環境づくりが大切です。 以下。具体
的な例を用いて。どんな場合にどのような接し方や対応方法。

さて、学校長は何をしているんでしょう?>相手の治療費請求を拒否したら小学校の中で起きた出来事であれば医療費については、保険で支払われるはずのことです。学校外の出来事であっても、損害賠償責任を付帯した保険に加入していることが多いのでは?と考えます。それにしても一方的に請求に応じる必要はないので、質問者側の医療費などについては相手方に請求できます。相手方からの医療費の請求を無視せず、こちら側の請求をし、相互に相殺して「示談」にする、というのが賢明な対応であったと考えます。医療費、交通費、保護者が通院など付き添いにかかった休業補償など、金銭的な損失についていつでも示せるように準備しておきましょう。今からでも請求されたらいかがでしょうか?書かれていることから、事件性はないので、刑事事件にはならないでしょう。児相が合理的な判断をするはずです。学校長及び教委、が賢明な判断をしないのであれば、相談先は、>人権侵害、名誉毀損で訴えたい書かれていることからは、相手方に請求できる事案は思い当たりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です