Loading...
アスリート

残り3週間 安倍総理大臣は消費税増税をすると日本経済が低

残り3週間 安倍総理大臣は消費税増税をすると日本経済が低。頭の中は右傾化ばかりで、景気回復には無関心。安倍総理大臣は消費税増税をすると日本経済が低迷沈没することすら知らない経済音痴 小松泰信?地方の眼力日本経済まで沈没させる気か。消費税増税対策にもかかわらず。駆け込み需要の反動減を防げず。年~月期
も新型肺炎の影響で。訪日中国人の減少が成長率を押し下げ。中国での生産
活動や消費の低迷による日本企業の対中輸出や設備投資の減少を予想する。
戦略の成否も企業業績を左右する」が。「世界経済が一気に腰折れすると過度に
悲観するのは時期尚早」とのこと。桜を見る会』に関する安倍晋三首相の説明
」については。%が「説明は不十分」とする。発言する菅総理米紙。年~月期の国内総生産の伸び率がマイナスに落ち込んだこと
に言及。「安倍晋三首相が消費税率を引き上げたから当然だ」と強調。消費税の
増税とコロナウイルスを原因に日本の景気後退入りを懸念する

残り3週間。麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官を除く閣僚が交代する見通しとなっ
ている。安倍首相は。消費増税を掲げた今年の参院選後。万全の景気対策を
行うと表明した。消費増税への経済対策として理論的に最も優れているのは。
「%への消費増税と同時に全品目を%軽減税率の対象とすること」だと。
かなり前の国会消費税%の「軽減税率」日本全国でこれから「大パニック」
になる安倍内閣総理大臣記者会見。だからこそ昨年。消費税を引き上げる法律に私たち自由民主党。公明党は賛成を
いたしました。この中で増税を行えば。消費は落ち込み。日本経済はデフレと
景気低迷の深い谷へと逆戻りしてしまうのではないか。結局。財政規律であれ
ば。大胆な経済対策を果断に実行し。この景気回復のチャンスをさらに確実な
ものにすることにより。経済再生と財政健全化は両立し得る。これが

検索ワード:消費増税。増税前の日本経済は雇用も設備投資も堅調であり。それなりに底堅い展開だった
が。個人消費の先行きを示す統計や景気動向の予測当面の増税対策が効果を
発揮するため。日本の景気が大きく減速することはないかもしれないが。海外
環境の悪化による景気安倍総理は年月。総選挙の前。消費税再増税の
延期を訴える記者会見でこう言い切った「消費税の引き上げは。我が国の株価
が低迷している間。実質GDPは低迷する一方。家計消費はわずかながら上向い
てきた。消費税再増税が世間で言われている以上に最悪のタイミングである。安倍首相が。来年月の消費税再増税を予定通り実施することを明言しました。
しかし。経済の先行きを考えると。これは日本経済にとって予想以上に大きな
ダメージとなり。政権のレームダック化も進めかねないのではない

安倍総理大臣は消費税増税をすると日本経済が低迷沈没すること。安倍総理大臣は消費税増税をすると日本経済が低迷沈没することすら知らない
経済音痴?

頭の中は右傾化ばかりで、景気回復には無関心。安倍首相本人の経済認識がどうかは知りませんが少なくても提言を行う人は経済音痴、財務省の影響力がそれだけ大きいというのも事実でしょうね。不勉強な人が勉強すべきと言うのは余りに憐れですが。マクロ経済とミクロ経済の違いをわきまえて話してほしいですね、そういう人は。未だに子供の頃の教育を信じ込んでいる。つまり財源を得る為に税金があるという大嘘。近代において、政府の負債はインフレを抑える為に存在します。何しろ金を刷りまくって予算を野放図に拡大すれば、インフレが加速していきますから。そしてお金は形を変えた政府の負債です。政府の機関である中央銀行の負債が通貨なのです。だから昔は同額の金と交換出来たわけで。だから政府の負債がと言うならお金も使うなと言う事になります。それっておかしいですよね。知っているからこそ、増税した分の半分も国民に還元するなどと言う二度手間な事を言っているんですよ。本来なら、「ではやらなければいい」が正解ですが政治的物量的諸問題の積み重ねの結果でしょう。但し、現状でもまだ消費増税が決定した訳ではないことは知っておきましょうね。政治的物量的諸問題と言うのは第一に財務省の存在ですけどね。加えて法律に定められてしまった消費増税の撤回乃至延期には相当多くの政治エネルギーを費やします。現状で簡単に増税しない???等とは言えないという考えでしょう。本来は世論がちゃんと安倍総理の反増税路線を支持していれば簡単になるんですがねえ。何で?税を徴収する事で予算を使える。国が金を遣えば経済に悪影響は無い。税金安くしても全額消費に回る保障は無い。そもそもそうやって増税を先送りにし、借金まみれになったツケが今なんだよ。少しは勉強するべき。十分に理解していると思います。ですから今回、軽減税率や還元のような形をとることにより、財政均衡より経済成長を目指し、財務省に叩かれにくい形で消費税の減税を行いたくて策を考えたのではないでしょうか。それはそれはわかっています。しかし、周りが増税賛成です。野党も賛成です。予算の分捕り合戦していますので、誰も反対しません。国会答弁も官僚の作文を読んでるだけだろう。ぐっ、それはそのとおり…幾ら安倍首相を応援しているとはいえ、消費税増税はあかん…。そんなことせんでも日本は経済順調やし財政も大丈夫…。——————————増税法案を作ったのは、野田政権、民主党です。民主党→民進党→立憲民主党+国民党そも2消費税を導入するほど経済が疲弊してることを人口のほとんどを占める無教養でバカな愚民は知らない。さらに追い打ちをかけ、消費税増税をすると日本経済が低迷沈没することすら知らない経済音痴。 調べてみればこの国に消費税を導入したのは自民党。歴史をみれば政権が一番長かったのも自民党、ついで女房役の創価学会公明党。政治は、経済と政がうまくいけば幸せな国になることは誰もが知ってる事実、その経済、国家の繁栄の根幹でもある少子高齢化問題をなおざりにしてしてきたのも自民党。つまり 売国奴、国賊政権 自民党&創価学会公明党知っているけど仕方ないと思っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です