Loading...
女優

正教会って キリスト教ってどうしてたくさん宗派あるんです

正教会って キリスト教ってどうしてたくさん宗派あるんです。既に下で回答しておられる方のご意見にもある通り、たくさんの宗派正しくは「教派」があることは、多様性があるということであり、その点は必ずしも問題であるとは言えないでしょう。キリスト教ってどうしてたくさん宗派あるんですかしかも争っている
キリストの名のもとに結束できないのか 「正教会って。ぜひ。ほんとうのキリスト教って何だろうと興味を持って学んでください。た
のですか4。この宗派の目的は何ですか13。天国や地獄はあるんですか14。
「生まれ変わり」はあるんですか32。教会は何のためにつくられたのですかなぜアメリカには熱心なキリスト教信者が多いのか。アメリカは。不思議な国である。とくに不思議なぜあんなにアメリカ人は。
キリスト教を熱心に信じるのだろう?科学を信じる合理主義者で。ビジネスを
やって。禅やヨガやニューエイジにも理解のある進歩派だ。もたくさんある。日本人とキリスト教:なぜ「信仰」に無関心なのか。日本ではキリスト教文化は肯定的なイメージで受け取られているが。信者数は総
人口の%にも満たない。その受容の歴史を国内には。宣教師やキリスト教徒
によってつくられた学校もたくさんある。ある調査によれば。

キリスト教?ファシズム?社会主義を「民族」とと。って。レジオナール運動というルーマニア正教主義。反ユダヤ主義。反西欧主義
ある東ローマ帝国ビザンツ帝国を通してキリスト教が受容されたことの
意味農村における宗派対立と民衆の社会的。宗教的実践。および現代
ルーマニア会はロシア正教会。ギリシア正教会などならんで東方正教会の諸
教会の一つでなぜ日本はキリスト教を厳しく禁じたんですか。んでした。徳川家康は。当初はキリスト教を黙認しましたが。徳川氏中心の
体制をゆるぎないものにするために。最終的には全国にキリスト教禁教令を出
しました。って何ですか? 長崎 ながさき と 天草 あまくさ 地方ってどこで
すか?

既に下で回答しておられる方のご意見にもある通り、たくさんの宗派正しくは「教派」があることは、多様性があるということであり、その点は必ずしも問題であるとは言えないでしょう。ただ、おっしゃる通り、教派の間で争っているとすれば話は別です。私たちは常に互いを尊重し、平和を求めなければなりません。古代信条に告白されているのと同じ信仰を守っている正統的な教会や教派に対し、まるで異端であるかのように見なして非難する人は、キリストの教えを理解していない人だと私は思います。ただ、争いがあるから諸教派はキリストの名のもとに結束できないと考えるのは早計です。例えば、使徒パウロは、第一コリント書の1章で、コリント教会の中に争いがあることを知って、彼らに一致を勧めていますが、その手紙の冒頭でこう挨拶しているのです。「コリントにある神の教会へ、すなわち、至るところでわたしたちの主イエス?キリストの名を呼び求めているすべての人々と共に、キリスト?イエスによって聖なる者とされた人々、召されて聖なる者とされた人々へ。」コリントの信徒への手紙一1章2節これは皮肉ではありません。パウロは、争っている人たちの群れでさえ、「聖なる者」であり「神の教会」であると見做しているのです。もちろん、クリスチャンではない質問者様が外から見て教会の現状を不思議に思うことは仕方ないことです。しかし、クリスチャンを名乗りながら教会の中にキリストにある一致を見ようとしない人はちゃんと聖書に学ぶべきです。私の考えでは、そういう人が教会に争いを持ち込んでいるのです。パウロは、フィリピ書の1章で更に驚くべきことを述べています。「キリストを宣べ伝えるのに、ねたみと争いの念にかられてする者もいれば、善意でする者もいます。一方は、わたしが福音を弁明するために捕われているのを知って、愛の動機からそうするのですが、他方は、自分の利益を求めて、獄中のわたしをいっそう苦しめようという不純な動機からキリストを告げ知らせているのです。だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。」フィリピの信徒への手紙1章15~18節私の下には、「不純な動機から」キリストを告げ知らせている人もいますが、パウロはそのことすらも喜んで受け入れるべきことを私たちに教えています。平和の主であられるキリストに救われ、福音を告げ知らせる務めに召されながら、なお互いに争い合って恥じることのない罪深い私たちの醜い行いを通してすら、福音は全世界に宣べ伝えられ、世界の各地に教会が建設され、神の御国は広がって行くのです。人間的な考えでは到底受け入れられない教えですが、私たちキリスト者はこれを信仰をもって受け入れるべきなのです。この教えを信仰の無い人にまで理解してもらおうとは思いません。私たちですらなかなか理解出来ませんから。とにかく、神の思いは私たち人間の貧しい思いを高く超えており、愚かな私たちが一致することが出来ないとしても、御旨を実現なさるのです。とは言え、私たちはかつて神に背き、神に敵対していたのに、神からの一方的な和解の福音によって、その罪を赦されて救われたのですから、互いに赦し合い、和解すべきです。もっとも、現在の教会では、教派間の露骨な対立はありません。傍から見れば争っているイメージがあるのかも知れませんが、それは昔の話です。今でも対立を煽る輩はいますが、無視しましょうね。狭き門から入りなさいって書いてるでしょ?その日多くの人が言うだろう、神よなぜあなたを信じてたのに地獄に落としたのか?いや、私はあなたがたのことを知らない。ってことです。キリスト教といえどその中からキリスト教の神に認められるのはごく一部の選ばれし者ってこと。まあその大半はカトリックだろうけど。同じ「キリスト教」を名乗っていても、信じている内容が“全く”違う人たちがいます。相反する教え同士が、結束できる訳がありませんもし結束しているならば、それぞれがその教えを実は信じていないか、人を欺こうとしているからでしょう。ちなみに、福音主義のプロテスタント異端のリベラル派?エキュメニカル派以外では、教団教派がたくさんあっても、実は聖書信仰で一致しています。キリスト教を自称する団体はたくさんありますが、「聖書は誤りなき神の言葉」と信ずる教会が正しい教会です。正しいものと間違ったものが結束することはありえません。キリストとベリアル悪魔との間に何の調和がありましょう。救いへの道は狭き門なのです。世界中の全ての宗教には、宗派、分派が無数に存在します。イスラム教も仏教も。そもそも一神教=ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は「絶対神」と天地創造説は同じで一致なのです。預言者が登場した時代と、国とが異なるので、違う宗教なのです。カトリックとプロテスタント=旧訳?新訳=全く違うのです。>キリストの名のもとに結束できないのか根本が異なるのに出来ませんよ。アナタ。何を云ってるの?この世は勝他の世界ですから人より上に立ちたい欲があるから、跡目相続で枝分かれは、宗教以外でも沢山ありますよキリスト教に限らず、「宗教」には全て、様々な宗派があります。神だとか、死後の世界だとか、魂だとか、前世だとか、霊界だといった人間の認識の届かない領域に関して色々主張するからでしょう。人間の認識の届かない領域に関する主張なら、それは知識ではなく、個々の単なる憶測思い込みに過ぎないわけですから、様々な宗派や宗教が生まれてくるのは、当然すぎるほど当然だと言えるでしょう。キリスト教の諸派の主張が違うのも同じ理由です。神だとか、悪魔だとか、死後の世界だとか、魂だとか、天使だとかいった事柄は人間の認識の届かない領域なのですから、それらについて何か主張するということは、個々の勝手な憶測や空想を語るということ以外の何ものでもありません。キリスト教における多様な宗派の存在も必然的なものです。争っているのは聖書の神がそう命令しているからです。---旧約聖書の神はモーセやヨシュアに神は殺人を命令しています。神が命令した殺人は正義になります。神の意志が正義を決定するのです。「ここに書いてある神を神とする宗教」の信者であれば、神の命令に従って、殺人を忠実に行うことが信者の取るべき正しい行動となります。---新約聖書?ヨハネの黙示録の、<未来のキリスト>の姿は、人々を剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。ここに描写されている神の「御怒り」は、新約聖書「ヨハネの黙示録」の描く神です。激しい復讐心にかき立てられて書かれた<復讐の書>です。自分たちの教えに反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とする考えは、新約聖書キリスト教の教えそのものです。---キリスト教の聖典である聖書の神自身が、殺人や戦争を命令したり殺人を実行して行ったりするのですから、キリスト教の歴史における頻繁な宗教殺人や宗教戦争は、聖書の教えに忠実であったがゆえになされたと考えられます。キリストの名のもとに「多様性」があるということだよ。ひとつの考えに結束するものを「異端」という。それはセクトとなり、カルト化する。キリスト教にはいろいろ聖人が出てきますが、大元のキリストのみを信仰したい人もいれば、キリストの親戚も信仰したい人がいます。なので宗派が分かれたりします。クラスの人気者がいて、周りの取り巻きも一緒に人気者グループとして扱うのか、取り巻きはあくまで取り巻きとするかの違いみたいなものです。一番多いのは聖書の解釈の違いだそうです。結束するためにはイエスの存在が不可欠ですが、実際には現在いませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です