Loading...
アスリート

昭和の戦争は 大東亜共栄圏は大日本帝国による欧米からのア

昭和の戦争は 大東亜共栄圏は大日本帝国による欧米からのア。>日中戦争も大東亜戦争?太平洋戦争も間違っていたと思っている日本国民の方が多いでしょうか→そのように教育されているため、大半がそう思っていると思います。大東亜共栄圏は、大日本帝国による、欧米からのアジアの開放ではなく、アジアの侵略の要素が大半であるという事で、日中戦争も大東亜戦争?太平洋戦争も間違っていたと思っている日本国民の方が多いでしょうか 大日本帝国が進出 戦争をしなければ、他のアジア諸国のように欧米の植民地にされていた可能性があるので、独立を死守するためにも必要だったと考える日本国民は少なくなっているという事で “大東亜共栄圏”の実態―日本軍占領下のアジア。大東亜共栄圏」「東亜解放」といったスローガンのもとでの日本軍支配の実態は
どのようなものだったのだろうか。日本軍による占領によって。東南アジアと
外部地域との交易関係は断たれ。また東南アジア内の交易関係も寸断された。
このことは日本が東南アジア諸国を欧米帝国主義から解放し独立を与えようと
したのではなく。石油などの重要資源があり戦略的にも重要な地域は日本の領土

日本は正しい戦争をやった。日本政府はこの戦争を大東亜戦争と命名した戦後。アメリカ側がこの名称を
禁止したので太平洋戦争という用語が一般的になった。日本の戦 争目的は。自
存自衛とアジアを欧米の支配から解放し。そして。『大東亜共栄圏』を会議
では。各国の自主独立。各国の提携による経済発展。人種差別撤廃をうたう大
東亜共同宣言が御前会議は。こうして。東南アジアの大部分を。直接「帝国の
領土」とする方針を。公式に決定したのです。昭和の戦争は。この数年を振り返っても。『第一次世界大戦と日本』講談社現代新書。『
終戦後史 -』名称を「大東亜戦争」とする人々は「解放論者」。
「アジア太平洋戦争」と呼ぶ人はおおむね「侵略論者」と区分けされてきた。
深田の本の帯の惹句によれば。「欧米植民地主義からの解放をうたった史上初の
アジア?サミット」だった。戦争に見る日米摩擦の底流』ブリタニカ
で。大東亜共栄圏における「アジア人隷属」の例を挙げていた。

世界はどのように大東亜戦争を評価しているか。自存自衛と大東亜の解放を掲げて戦われた日本の戦争は。アジアの諸国民や各国
の識者からどのように受け止められているのその国々とは。日本の掲げた短命
な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。そして。日本による
占領下で。民族主義。独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまった
ということをしかし日本軍の緒戦の勝利により。欧米のアジア支配は粉砕され
。アジア人は。自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。大東亜共栄圏とは。目的とされた。東条英機の表現によれば,大東亜共栄圏建設の根本方針は,「
帝国を核心とする道義に基づく共存共栄欧米の植民地支配にかわって日本を
中心として東亜の諸民族による共存共栄を樹立することを掲げ。日本のアジア
支配を正当化しようとしたもの。中国や東南アジア諸国を欧米帝国主義国の
支配から解放し。日本を盟主に共存共栄の広域経済圏をつくりあげるという主張
。太平洋

歴史教科書を斬る。その国々とは日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々
である。アジア大東亜の人々を解放し。東アジア諸国を独立させて。日本
をはじめとする東アジアの諸国家による共存共栄の新秩序を樹立しようという
理念である。つまり大東亜戦争は。わが国の自衛戦争であったと同時に。アジア
の人々にとっては。欧米諸国の植民地支配から脱却するビルマ人はアジアを
結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に
発見せり。日本の植民地と勢力圏2。本項では。東アジアを解放するというスローガンのもと。建設されていく大東亜
共栄圏とはどのようなものだった昭和年末。近衛文麿首相は戦争
の目的が日本?満州?中華民国日?満?華の三国連帯による「東亜新出典
。大日本帝国陸軍省発行陸軍美術会製作 福田豊四郎作『銃後の田園』記念葉書
–昭和十四年七月七日東南アジアの占領地では。当初日本を欧米
諸国の植民地支配からの解放者として迎えたところもありました。

「太平洋戦争はアジア解放のための戦いだった」説は本当か。戦後のいわゆる「東京裁判史観」を否定する右派は。長年この「大東亜戦争は
アジア解放のための聖戦であった」説をあったので。有色人種である日本が。
この欧米人における植民地支配からアジアを開放する―。という名目である。
実際。日本軍による「アジア解放」はの真珠湾奇襲と同時に。
当時英領マレーのコタバルに奇襲この重慶爆撃と日本の中国侵略に猛烈な反対
声明を出したのは。何を隠そう。当時英領インド帝国でガンジーと共に

>日中戦争も大東亜戦争?太平洋戦争も間違っていたと思っている日本国民の方が多いでしょうか→そのように教育されているため、大半がそう思っていると思います。>独立を死守するためにも必要だったと考える日本国民は少なくなっているという事で。→正におっしゃる通りです。今現在でも、日本の戦争のお陰で独立できたと思っているアジア諸国はある、にもかかわらず、日本国内にはもはやそのように考えている人々の方が少ない、と。このことは厳密にいうと、日本が起こした戦争とアジア諸国の独立は確固たる因果関係がないので、どちらが正しいとも言えませんが、独立の先駆け?キッカケになったことは間違いないかと思います。他国は逆なんですよね。普通、自国の歴史は自国に都合の良いところをピックアップして、都合の悪いところはピックアップしないというのが、今現在の日本以外の国家の歴史教科書です。日本だけが都合の悪いところばかりピックアップして、尚且つ、そのピックアップした都合の悪い部分に便乗するような輩さえ出てくる始末です。こういう人々も日本独特の人々でしょうね。国益を無視して、自国を悪者にし、他国に肩入れする。国際常識的に理解できません。大東亜共栄圈構想をもともと提唱した西田幾多郎博士の構想案には賛成だし、西田博士の構想は今の世界にでも十分に通じると思っていますが、東条英機の唱えた西洋軍国主義的で日本優位的なメチャクチャな構想案には賛成できませんね。中国の世界制覇の欲望は、そのままの欲望。かつての日本の場合は、実際にアジア諸国の殆どが欧米の植民地にされていたため、その解放を意識していたことは容易に読めます。他国のためではなく、自国がその全体的勢力にのみこまれるからです。そう考えれば不思議でもなんでもありません。植民地政策といっても、名前はまだマシに聞こえますが、家畜同然の奴隷扱いだったのですよ。人の土地に踏み込んで制圧し、財産を奪って鎖に繋ぎ、働かせたわけですからね。子供を産まされるのだって、奴隷として働かされるために生まされるわけですから、文字通り家畜同然です。たかだか70年余りのまえのことですが、欧米は鬼畜の所業を行っていたわけです。強かった日本が立ち上がったのは当然のことでした。現在の中国の野望とはベツモノです。その通りですな今、中国が大東亜共栄圏みたいな事をやってますが、日本は否定的でしょ?大東亜共栄圏なんて都合の良いデタラメですねぇ笑WGIPのために、戦後は日教組の教師にそういう教育をされました。世の中、日本悪玉論と思っている人は沢山います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です