Loading...
テクノロジー

悲報大谷翔平 大谷翔平がメジャーの新人王ってなんかおかし

悲報大谷翔平 大谷翔平がメジャーの新人王ってなんかおかし。ちっともおかしくないですMLBでは新人ですからだいたい日本人はあとから出来たリーグのくせにイチャモンが多すぎるんですよ偉そうに確かに見方によってはそうなりますね。大谷翔平がメジャーの新人王って、なんかおかしくね 日本のプロ野球で実績積んでいるんだぜ それが、新人だなんて???
逆はねえだろう?
つまり、メジャーでプレーした選手が日本球界に来て新人王取るなんて
そもそも、新人王の対象外だしな
日本でいくら実績積んでも、米国に行けば新人扱いかよ(ちゃん) 悲報大谷翔平。今季。日本人メジャーリーガーとして人目の新人王に輝いたエンゼルスの大谷
翔平投手。ヤンキースのかつて「ビッグ?パピ」の愛称で知られたメジャー
通算発男は母国で行われたイベント「セレブリティ?ゴルフ?クラシック」
に参加。そこでア?大谷なんか大した成績残してないからな 二刀流の能力
あるのに稼働率の低い現状はケガの欠場じゃなくてね エンタメ性野球
ファンは新人扱いされること時代がおかしいってなんで気づけないんだろ?

大谷翔平がメジャーの新人王ってなんかおかしくね。大谷翔平は新人王に相応しい。大谷翔平は新人王に相応しいのか――。年の個人タイトル争いにおいて。”
日本のベーブ?ルース”の価値があらためて注目されている。 エンゼルスで
メジャー1年目のシーズンを終えた大谷は。打者としては試合に大谷翔平が新人王「すごく嬉しい」。大谷は昨オフ。ポスティングシステム入札制度を利用してエンゼルスに移籍
。オープン戦では打率。防御率と苦しんだものの。開幕後は二刀流で
メジャーを席巻した。月に右肘大谷翔平のメジャー新人王に対するツイッターの反応まとめ海外の。エンゼルスの大谷翔平がメジャーリーグの年ア?リーグ新人王に選ばれた
ことに対する海外のツイッターの反応まとめ。アメリカでも人気のスター選手と
なった日本が誇る野球選手?大谷翔平に対する海外の反応。おかしいね。上の
選手の方が優れた活躍を見せているのに下の選手が新人王を獲得したよ
大谷。野球界はきっと大谷みたいな選手がもっと増える そんな
可能性が感じられた今。大谷みたいになりたいって目を輝かせている

大谷翔平が選手間で新人王落選の理由。メジャーリーグ 野球新人王に輝いた大谷翔平選手ですが。選手間投票
による選出では落選し。そちらではヤンキースのアンドゥハ―主要タイトルと
違って何かの数字順に並べるわけじゃないので。成績が拮抗している場合。選ぶ
人間によって意見が八村塁が取った日に大谷翔平の新人王の記者会見やっ
てめっちゃ取り上げられてたけどいや。おかしくない? 日本人だよ?

ちっともおかしくないですMLBでは新人ですからだいたい日本人はあとから出来たリーグのくせにイチャモンが多すぎるんですよ偉そうに確かに見方によってはそうなりますね。ただNPBからMLBに移籍した日本のトップ選手はこれまでに幾人もいますが、にも関わらず日本人の新人王受賞者は、これまでに4人しかいないというのも事実です。ですからNPB出身の選手がMLBで新人扱いされるのも納得出来なくもないです。AAAでいくら実積を残した選手であってもMLBで新人であれば、新人王の資格はありますよね?MLB側からすれば、NPBに対する感覚も同じようなものです。要するにNPBなんてMLBではマイナーのAAA程度の評価しか得られていないという事です。NPBで言うと、社会人野球や独立リーグ、2軍、大学リーグで結果を残していても、NPBで新人であれば高卒1年目だろうと、独立リーグ経験者だろうと同様に新人扱いされるのと同じです。MLBの新人王なんだからMLBで新人か新人じゃないか以外の定義は不要でしょう。日本で実績があるから投票しないという考えは投票者自身が決める事。その議論は、メジャーでは終わっている。ニュースを見ましょう。自分もそう思います。イチローのときも言われたけどそのときと変わってませんね。日本はWBCで優勝した国でもあるのにね。全ての、キャパシティとスケールの違いです。メジャーリーグの実績以外は考慮する価値なしって事でしょう。メジャー以外は全部格下って考えですからwメジャーリーグ版の新人王だと、前年までに、メジャーリーグ経験が無い選手に資格がありますね。>日本のプロ野球で実績積んでいるんだぜプロ野球NPBでの実績など関係ないのです。誰も口に出して、ハッキリと言いませんが、NPBはMLBより格下でしょう。もっとハッキリと言えば、NPBはマイナー?レベルだと思います。それを前提として、大谷はじめ多くの日本人選手が、一つ上をめざしてメジャーへ行くのです。特に大谷は、高校をでてすぐにメジャーへ行く予定でした。日ハムでの5年は、大谷に取っては、「寄り道」、あるいは「修行期間」だったと思います。それに、2億7000万円もの年俸を投げ出して、6000万円と言う、メジャーの最低年俸でエンジェルスへ行きました。あと2年待てば、200億とも300億とも言われる好条件を捨て、メジャーへ挑戦したのです。日本人は、こう言う「野球バカ」がスキです。この気持ちは、アメリカ人も同じだったんだと思いました。それに、ライバルのアンドゥハーは生れです。大谷選手は、1994年の7月5日です。日本流に言えば、同学年です。どの視点からみても、大谷は新人王の条件を備えていると、考えるべきだと思いますが、いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です