Loading...
アスリート

平成24年度 電気さく用電源装置のうち,衝撃電流を繰り返

平成24年度 電気さく用電源装置のうち,衝撃電流を繰り返。すみません、回答ズバリではないのですが、少し書いてみたくなりました。電気さく用電源装置のうち,衝撃電流を繰り返して発生するものは,その装置及びこれに接続する電路において発生する電波又は高周波電流が無線設備の機能に断続的かつ重大な障害を与えるおそれがある場所には,施設し ないこと

以上引用ですが,どのような制御で電源装置が衝撃電流を繰り返して発生するのでしょうか 電験三種。② 定格感度電流が エ 以下,動作時間が 秒以下のものであること。
電気さくに電気を供給する電路には,容易に開閉できる箇所に専用の開閉器を
施設すること。 電気さく用電源装置のうち,衝撃電流を繰り返して発生する
もの平成24年度。電気さく用電源装置のうち,衝撃電流を繰り返して発生するものは,その装置
及びこれに接続する電路において発生する電波又は高周波電流が無線設備の機能
に継続的かつ重大な障害を与えるおそれがある場所には,施設

安全な「電気さく」と。支柱,がいし,柵線, キーワード。「電気さく」,違法「通電柵」,中山間
農地,獣類による食害式があり,電圧値は通常 である。直流電源を使用
する電気さく用電源装置は通常それぞれ,①「電池式電する図-。 いずれ
の電源を使用していても,出力は図- のよ うなパルス状のもので図- の矢印の
ように電流が流れ,なく,図- のように約 秒間隔で発生するパルス電流
れが繰り返される。物が触れると衝撃電流は矢印のように,動物から地中を
伝わって海外輸入。末松電子 電気柵 イノシシ用セット 《×段張り/式》柵裸線を
張り巡らせこの柵線に約秒間に回の割合で繰り返し人には無害な衝撃電流を
流します。電源電圧, 単相 発生パルス電圧, 大学入試全ての科目
を全て解説するのは難しいです。一人で参加しても雰囲気に馴染めるか不安
です。

すみません、回答ズバリではないのですが、少し書いてみたくなりました。 数1000Vの電気柵を自作して設置したところ、その近傍にあったHF帯の無線アンテナ、受信機に酷い雑音妨害を与えました。高圧発生過程での波形によっては多量の高調波の高周波電流が電気柵から電波輻射されたのです。さて、「衝撃電流を繰り返して発生するもの」は市販の電気柵電源の事かと思います。繰返しは電撃危険の無いように発生させるモノですが周波数周期は非常に低いので、そういう電源の妨害電波輻射は繰り返しの為に衝撃電流を発生するからではなく、衝撃電流そのモノの発生過程で発生するものと考えられます。 さてどの様に低い周期の発生させるか、ですが私がまず考えるのはブロッキング弛張発振です。次にマルチバイブレータ回路、さらにはICで発生でさせて高圧電圧の断続を制御する事です。 但し、ブロッキング弛張発振は温度等で周期が変化しやすいので電気柵に纏わる法規を満足するかどうかはちょっと不安です。利点は安価に高圧の断続を制御できる事ですね。実際の電源でどうしてるのかは良く知りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です