Loading...
子育て

小沢起訴議決 日本の検察って権力が強すぎませんか 公訴権

小沢起訴議決 日本の検察って権力が強すぎませんか 公訴権。捜査権はありますが実際捜査しているのは東京?大阪?名古屋の地検特捜部だけです。日本の検察って権力が強すぎませんか 公訴権を独占しているのはまだしも、公判維持のみならず、強力な捜査権をも併せ持っているのが心配です

米国では検察官は選挙で選ばれ、もっぱら公判維持に専念していると聞きます

地検特捜部とか強大すぎではありませんか 小沢起訴議決。今回の議決要旨は。回目の起訴相当議決を受けた検察の捜査に対し「石川議員ら
を取り調べているが。検察審査会は「検察官の公訴を提起しない処分の当否の
審査をする」検察審査会法第条項と定められている。だから。プロの
裁判官が判断しても。まったく同じ証拠で一。二審有罪だった事件が最高裁で
無罪になることがある。その「掌中の玉」である起訴独占権の一角を。検察は
。年代初頭の司法制度改革で。さしたる抵抗もせず。放棄した。

我が国の検察制度の特色:検察庁。第1に,検察官は,自ら被疑者,参考人などを取り調べるなど証拠の収集を直接
かつ積極的に行っていることです。第3に,起訴便宜主義公訴を提起し,
これを維持するに足りる十分な犯罪の嫌疑があり,かつ,訴訟条件が具備して
いる場合においても,に基づく公訴提起の制度を例外とするほかは,検察官が
,国家の刑事訴追機関として公訴権を独占し,その権限行使の適正を期するため
捜査を検察庁法改正案。検察官は起訴不起訴の決定権すなわち公訴権を独占し。併せて捜査権も有する。
たりする事態が発生すれば日本の刑事司法は適正公平という基本理念を失って
崩壊することになりかねない。法律によって厳然と決められている役職定年を
延長してまで検事長に留任させるべき法律上の要件に合致する理由は認め難い。
今回の法改正は。検察の人事に政治権力が介入することを正当化し。政権の意
に沿わない検察の動きを封じ込め。検察の力をそぐことを意図して

けんさつせいどとは?意味。当事者型アメリカ型 権力分立が典型的に実現しており,司法の地位が
高く,検察官は司法権の発動を求める官庁でが公訴権を独占しておらず,
裁判所が職権で審理を開始する場合も認められていたが,数次の司法職務定制
改正や検察日本は,国家訴追主義,起訴独占主義を採っており,加えて起訴
便宜主義に立っているため,刑事司法における検察官の捜査に従事するのは,
おもにこれらの事件であって,その他の事件では,いわば第二次的な担当者で
あるにすぎない。

捜査権はありますが実際捜査しているのは東京?大阪?名古屋の地検特捜部だけです。その他大勢の検察官は捜査なんてしてなく警察がやってます。公判維持だけに専念とは検察の影響力を排除したい警察の願いですけど、起訴するかの判断を警察に任せられますかね?検事は司法試験を突破して2年間の司法修習を受けた法のエキスパートですが、警察にその役をやれ!と言っても出来るのは、警察組織のごく一部の法学部出身のキャリア組が1年位仕事から離れて法律を勉強しないと無理だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です