Loading...
ビジネス

変位と速度と加速度 物理の問題で時刻0秒から16秒の間に

変位と速度と加速度 物理の問題で時刻0秒から16秒の間に。全てを説明することはできませんが、導入だけします。物理の問題で時刻0秒から16秒の間における平均の速度は何m/sかという問題があります、その答えは 0 50m/sになります なぜ 0 5ではなく 0 50と最後に0がつくのでしょうか あと有効数字は小さい数に合わせろと物 理の先生が言っていたのですが、この場合は0に合わせれば良いのでしょうか 頭の中がごちゃごちゃで困っています 変位と速度と加速度。左図の物体は途中から加速しています。たとえば / といったら秒間当たり
ずつ変位が増える移動するという意味です。時刻が 秒のときの速度
が / になり。 秒のときの速度が / になり。 秒のときの速度が /
になり。 – グラフはあまり用いられることは無いのですが。一応説明して
おきますと。左図は時刻秒までは加速度が で。それ以降は加速度が / で
ある変位。速度。加速度の関係は数学における微分?積分の関係になってい
ます。

2問目だけでいいです。時刻から秒の間と言われたら平均の速度の式において=はじめ=終わり
になります。 の時。はですので=終わりの時はですので=
はじめ 式の中で分母も分子も終わり?はじめなのでそれぞれ値物理基礎。時刻 から秒の間における平均の速度は何/か。 回答を?? =
/7。地面に静止した 人から見た さんの速度はど の向きに何か。問題 –
$$ 。さんは,速さ $$ $$ で $$ ポイント まっすぐに進む電車
内を,電 車の進む向きと逆向きに,電 車の床に対して$/$ の速さ で移動した。
検索で解決しない場合は? クァンダ先生に質問する 類似問題 –
– 時刻 秒における瞬間の速さは速さになったと き,この物体の
平均の加速度は,どの向きに何 $$ &#;か。 $=$ $-,$ $$ 高校
物理基礎

全てを説明することはできませんが、導入だけします。物理量 速度や質量などのことです の中で、本当に厳密な値なのは、次に挙げるものとそこから理論的に導出できるものしかありません。① 真空中の光の速さ = 299,792,458 m/s② 炭素12の原子量 = 12③ 電気素量④ アボガドロ定数⑤ ボルツマン定数⑥ プランク定数⑦ 基底状態のセシウム133原子の超微細構造の周波数⑧ 540 × 10^12 Hzの単色光の発光効率⑨ 絶対零度0 K = -273.15°Cこの9つです。つまり、これらとここから理論的に導出できる物理量以外の物理量は、全て誤差を含んでいます。これは、物理量の測定には必ず限界があるからです。このことは、量子力学で出てくる不確定性原理によって証明されています。ということで、物理量は誤差を考えなければなりません。考えなければ物理的意味を持ちません。そのために有効数字を手段として使うのです。0.5 m/sであれば、0.45 m/sや0.54 m/sを四捨五入している場合がありますが、0.50 m/sであれば、そのようなことはありません。この場合、小数第2位まで意味がある、すなわち有効であるということになります。有効な 意味のある 桁であることを示すために、0.5「0」と記すのです。何かをカットするとして、少し頑張れば2.0 mにカットしたと自信を持って言えるかと思います。2.00 mにカットしたと言うには結構気をつけないといけません。ものや測り方によっては1.96 mや2.04 mになってしまいます。それは2.00 mとは言えないでしょう。感覚的にはそんなとこです。有効数字に関する計算については、ここでは割愛します。一歩ずつ進みましょう。?有効数字の桁数のカウント方法?有効数字の足し算と引き算?有効数字の掛け算と割り算?有効数字の指数表記こんな感じの流れかと思います。教科書や便覧、およびそれらの付録に、案外丁寧に書かれていたりします。先生の話で理解できなければ、そういうとこを見てみるのも手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です