Loading...
アスリート

ユダヤ教正統主義から考える現代の国家?宗教関係 ユダヤ教

ユダヤ教正統主義から考える現代の国家?宗教関係 ユダヤ教。学問好きのユダヤ人はあちこちでユダヤ教深めてきたでしょう。ユダヤ教と古代ユダヤ教て何か違うんですか ユダヤ教正統主義から考える現代の国家?宗教関係。1.問題の所在 現代のユダヤ教の在り方を考察するにあたって。本稿では。
一神教の世界宗教史というパースかつて古代には イスラエル民族の政府は
存在したが。現代では。イスラエルはもはや民族を形成していない ゆえに。政治
的規定は我々に適用されない。生んでしまったことが読み取れる。である
がゆえに。この宗教的倫理的規定は。何か特定の社会的国家的綱領を命ずる教え
ではありユダヤ教~ユダヤ人とユダヤ教~:イスラエル?ユダヤ情報バンク。ユダヤ教に関連する。割礼。成人バル?ミツバ。結婚。離婚。死について。
ユダヤ教の観点からご紹介します。非ユダヤ人の婦人がユダヤ教に改宗した
場合も。イスラエルではいわゆる正統派ユダヤ教オーソドックス以外は
ユダヤ教と認められていませんから。第に。アシュケナジーが古代ユダヤ人
の流れを汲むことは。歴史的事実です。それぞれの宗教における死に対する
考え方は。逆説的に。生きている者が何をなすかの慣習を通してうかがえるとも
言えます。

ユダヤ人。新約聖書の中でもパウロは状況に合わせてこのつの言葉を使い分けています。
ユダヤ人。ヘブル人ヘブライ人。イスラエル人はどう違うのですか?
イスラエルあなたは神と戦い。人と戦って。勝ったからだ」創世記。
。教えて。この定義。一見何の問題も含んでいないように思われます。確かに。ユダヤ教は
鑑定などない古代からある宗教ですから。父親ではなく母親が重要で父親
が誰なのかは

学問好きのユダヤ人はあちこちでユダヤ教深めてきたでしょう。ユダヤ教とユダヤ文化両方あります。ユダヤ教を知るには少なくともヘブライ語アラム語ギリシャ語ペルシャ語アラビア語。ラデイノ語、イエデッシュ語を知らないと理解できないといいますね。ユダヤ人は世界中に散ってそこにエルサレムをきづいてユダヤ文化を作ってきたからです。ユダヤ教の教典というと大型トラック一台分、それ以上あるそうです。ヘブライ聖書、ミッドラッシュ タルムード、ゾハール、、ユダヤ村といってもカバラ思想中心のとこもあるし。ロシアユダヤ人はロシアユダヤ学をきづいてきた。ビルナ、カウナスはリトワニアのエルサレム。テッサロニキはバルカンのエルサレム。アントウエルペンはベルギーのエルサレム。古代じゃバビロンがエルサレム、次にペルシャがエルサレム。レコンキスタ前はトレド コルドバがエルサレムしかしヒトラーが政権握ると東欧のユダヤ街を全部壊しラビ神学生ユダヤ人をシナゴーグに押し込んで火をつけた。古代から集めたユダヤ教の本を焚書にした。エーゲ海の島々の1つ1つを回りコルフ島ロードス島ミコノス島すべてのユダヤ村を壊し焚書にした。自分が生まれ育ったユダヤ村が全部破壊されユダヤ文化が焼かれたユダヤ人の絶叫は悲惨すぎる。ナチスが日本に来て日本のインテリ層を全員殺し平家物語や源氏物語伝統文化を焼かれたら日本人は発狂するでしょう?戦前ポーランドのユダヤ人社会は世界一を誇り豊かな文化と伝統を持っていた。ポーランドのユダヤ人社会はポーランドの歴史と同じくらい古かった。しかしポーランドユダヤ人の生き残りはアメリカとイスラエルに逃げてゆき事実上消滅してしまった。生き残りのユダヤ人はポーランド人から敵意を持って迎えられた。財産ぶんどった者が財産の返還を恐れた。帰ってきたユダヤ人はナチ協力者たちに殺され路上を歩くのも危険になった。ルーマニアユダヤ人エリヴィーゼルが書いていた。 東ヨーロッパのとある町に???????が戻る話を。 生まれ故郷のシュテットルで、イエスは自分の民をさがしていた。 私の兄弟たちはどこにいますか。ユダヤ人たちはどこですか。 殺されました。 子供たちはどうしました?どこです?殺されました。シナゴーグはどこ? 焼かれました。ユダヤ人たちの家はどこ? 略奪されてしまいました。イエスは声をあげて泣き始めた。すると住民は彼もまたユダヤ人に似ていることに突然気づく。そして彼らは叫びだす。見ろ!こいつもユダヤ人だ!そして彼らはイエスも殺してしまった。 この運命が直撃したのだった。ゾラフ?バルファクテイク氏がゲットー地区ユダヤワルシャワに走っていくと地上から完全に抹殺されていた。繁栄せる街、ヨーロッパに誇るユダヤワルシャワ。多くの優れた学者、作家を輩出したユダヤワルシャワ。活気あふれる商工業都市がアザミの廃墟に、、自分の家もなく神学校、大シナゴーグ、図書館、商店街建物もなく土台もなく棘のある雑草とアザミが生い茂る見渡す限りの廃墟だった。キリスト教徒ワルシャワだけ残っていた。唯一残るユダヤ人墓地に行き墓石に身を寄せて泣いた。ニューヨークに戻るとポーランド人連盟に呼ばれて視察報告をした。ホールはポーランドユダヤ難民でいっぱいだった。氏は演壇にあがり「ユダヤワルシャワにはユダヤ人墓地以外何も残っていませんでした。」すると最前列に座っていたポーランドのロスチャイルドと言われた銀行家???????????????がいきなり立ちあがり「嘘だ嘘だ嘘だ!」と叫びながらホールを出て行った。広い会場は凍りついたように静まり返り誰も口がきけなくなった。ポーランドのロスチャイルドは狂乱し2年後亡くなった。バルカンのエルサレム,テッサロニキには古代から繁栄したユダヤ人コミュニテイがかつてあった。だけどホロコーストでことごとく消え失せ今残る面影は1つもない。アブラハム?マノは1919年テッサロニキで生まれた。両親と5人の兄弟はアウシュビッツでことごとく殺され100人もいた親族も全滅した。たった一人生き残ったのが囚人番号116526の入れ墨をつけた??なのだという。 戦前テッサロニキの人口が12万人で半分がユダヤ人だった。9万人いたギリシャユダヤ人のうちホロコーストを生き延びた者はわずか1万人。サロニカの場合すべての資料が消え失せ、自分みたいな生き残り組が死んだら全部消えて終わりなのだという。ギリシャではポグロムもあったけどギリシャ人とユダヤ人は比較的友好的に暮らしていた。しかしヒトラーがドイツで政権握ると反ユダヤ主義がギリシャにも押し寄せてきた。 1942年末になると、ギリシャのユダヤ人たちは毎週テッサロニキ、アテネ、ロードス島から移送列車に詰め込まれ強制収容所へと送られだした。1943年アブラハム?マノもアウシュビッツに送られそれからダッハウに送られそこで米軍に解放された。解放されてから親族を探しに故郷に帰るユダヤ人もいたけどマノはドイツに3年間とどまった。誰か一緒にあの体験を語り合える友達が欲しかった。生き残った6,70人のサロニカユダヤ人を組織してサロニカユダヤ人のシナゴーグを作った。心の通い合う人間が必要で、、、ダッハウでようやく妻とめぐりあい1945年7月15日結婚した。その後イスラエルにわたり今日まで港湾労働者をして暮らす。 「アメリカに行ったギリシャユダヤ人は何もかも忘れドルのことばかり考えて暮らしている。生き残ったギリシャユダヤ人のうち60%はイスラエルに来た。自分はホロコーストは大ウソだと叫ぶ人たちに囲まれて暮らしたくない。テッサロニキの生き残り組と一緒に暮らしたい。私は生きた証拠だ。1943年には私の家族は100人を超えていた。その家族は今どこにいる?100人の家族のうちから誰が残ってる?彼らはどこにいる?どこにいる?どこにいる?」↓テッサロニキのユダヤ人アブラハム?マノと妻古代ユダヤ教:王国時代以前で「純血」を保てた時代の事かな?ユダヤ教:捕囚と成り「混血」等が増えて…血統に寄らず、国家を形成するものかな?タルムードがユダヤ教旧約聖書だけが古代ユダヤ教。アシケナージがユダヤ教。アジア人が古代ユダヤ教。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です