Loading...
子育て

シリーズ最強のランエボは 死ぬほど速いエボ4にチューニン

シリーズ最強のランエボは 死ぬほど速いエボ4にチューニン。確かに、安い車体にお金をかけて速くしようという考えは間違ってないと思います。死ぬほど速いエボ4にチューニングするには 歴代最強のランサーエボリューションになるにはどうしたらいいと思いますか ランサーエボリューションIVの中古車価格が安い気がしませんか これは速いマシン作りあげられるチャンス?でしょうか スバリストが選ぶ永遠のライバル歴代最強の三菱ランエボは。スバリストが選ぶライバル歴代最強の三菱ランサーエボリューションはこれ
だ!負けることが多いなど。ランエボⅠ。Ⅱまでとは異なり。Ⅲの登場以降は
「よりランエボのほうが速い」と評されることが増えるなど。メディアの
評価がランエボⅢはでも大活躍し。年は勝も挙げてドライバーズ
チャンピオンをスバルから奪取するなど。三菱の大躍進の象徴絶版に
なるほど「不人気」じゃないけどモデルチェンジするほど「売れて」ない!

死ぬほど速いエボ4にチューニングするには。最高出力2,145馬力のランエボ。ノーマルでもかなり速いランエボを。極限までチューニングした車。いや。極限
すらも超え型ギャラン-の型ターボエンジンを搭載し。最高出力
はギャラン-よりもアップのでした。 ボディは。シリーズ最強のランエボは。歴代エボの中で一番空力が優れているのは4です。 逆に一番空力が最近
クラッチペダル踏むと変な音がするようになったけどでダブルタイトル
獲得したし。チューニングカーの世界ではキラーの最右翼マシンだったから
ね。。 つーか 。 ランエボでゼロヨンやる奴なんて
ほとんどおらん。低速からの加速や。立ち上がり加速が得意だから。ミニ
サーキットや峠で速い。雑誌で掻き立てられてるほどのポテンシャルは嘘だね

ランサーエボリューションVIII。自分は三菱バッシングのときに。最強といわれたを結構安く購入しましたが。
今思うと。最強じゃないですか? 進化はするんでⅨも速そうですが。
も燃費対策の吸気のみ。 通っているチューニングショップでは。実際の
馬力やトルクはⅨはまで出ないのでは。といっています。サーキットで
バトルすればエボⅨが一番速いでしょうが。街乗りでは愛車のエボⅧが
最速車だと自負しています。らんえぼはうちゅうサイキョーです

確かに、安い車体にお金をかけて速くしようという考えは間違ってないと思います。しかし、それは新車当初のパフォーマンスを現在も維持出来ていればの話ですね。実際はパーツの経年劣化がひどいと思うので、チューン以前の問題で劣化したパーツの交換修理にかなりお金がかかるかと。速く走らせるためには上手いドライバーを乗せることだ。下手くそが乗っても速いクルマにする方法を知りたいわけ?ミスファイアリングシステムだろ by須藤京一ベース車両にするには古過ぎるのと元々 弱点が多い車体です。歴代最強にするにはエボ9MRが余裕で買える以上にお金が掛かるでしょうね。歴代最強のランサーエボリューションになるにはどうしたらいいと思いますか?加速性能を上げるためのエンジン改良馬力は無視エボ4はオススメしませんねぇ。6か9ですね。オススメは。エボⅣはCN9Aと言われていて、厳密に言えば第2世代で唯一浮いた存在です。エボⅣ乗りをdisる気は毛頭ないのですが、速いマシンつくるって言うなら個体選別はやはり優秀なものになるので。そりゃ幾らでもお金使えるって言うなら話は別ですが、エボ9のエンジン取って付けようって言えば理屈上は着きますが、いくらなんでも余計に高い金がかかるので、だったら同じ品番使ってるからお互いに吊るし流用出来るパーツの多い個体の方が優秀なんです。僕が9をオススメする理由としてはサーキットの最速は9のサイバーエボをベースに弄ったctがタイム的には最速なのでオススメします。歴代最強の可変バルブ機構搭載MIVEC4G63を搭載し、ctの中では軽量にも力を入れたベースフレーム。そこへ7のミッションに載せ替えし、給排気、補機類を満遍なくレベルアップし、2.2ボアと同時に強化ブロック、カムシャフト、ポート研磨してあげれば素晴らしいパワートレインができます。なぜ7のミッションを勧めるかというと、出力が同じエンジンに対しファイナルが似たような数字になるのでわざわざそれを6分割するとシフトバンドが短かく、チェンジロスが増えます。弄ったマシンになればなるほどギアが細かいのが鬱陶しくなります。また、強度も6速より5速のほうが耐久性に優れ、シフトチェンジのロスも減るので最も優れたミッションは7のミッションとなります。足回りはエボ10のロア、アッパーアームに移植し、ワイド化を測り、315まで入るような全幅にする…数値で言えば1840が最大になります。それくらい張り出して、デフもバッキバキの機械式に載せ替え、オーリンズやビルシュタインなどのメーカー品に付け替え。アライメントはかなり独特になりますが、しっかりアライメントを出してあげればいい感じの車に仕上がります。僕の車が実際そんな感じで、某サーキットのレコードマシンです。Sタイヤ使用不可、ナンバー取得マシンクラスなので、王道で行けばCTをカスタムした方がいいです。僕の場合車検がまだ世代的にゆるい7を敢えて9に載せ替えて作り直してる車になってます。利点として性能は9をベースにいじった時と同じスペックなのに、世代的にも、緩い時代の車なため、車検が緩いので助かります。ただし7を9にする分のコストが余分にかかるので、9をベースにいじる方が無難です。続いて6をオススメする理由として、ホイールベースが短いマシンなのでショートなコースであればct9aよりキビキビと走れるので優秀です。しかも6が1番ボディの改良にお金を必要としないのでオススメします。お金はかかってしまいますがパワートレインは9に載せ替えて仕舞えばエンジンスペックは同等にしつつ、ct9aに比べホイールベースが短い分ワイド幅も必要な分だけのワイド化に出来るので小さい道でもラインに融通が効くし、ホイールベースも少ない分回頭性が増すので、正直ショートならばかなりいいマシンの仕上がりになるハズです。そこにデフと足回りをつくりこんであげて、高性能なキャリパーに載せ替えてあげればかなり速くなるでしょう。ただしデメリットとしては9のパーツに載せ替える分の余剰と加工等の工夫も要するのでさーて作ろうかなぁ!だけでは苦労の連続なのは理解しなくてはなりません。また、キャリパーのサイズアップや当時なかったようなサイズの太いタイヤを履けるだけのボディメイクといい、かなりお金使うはずです。ちなみに、お金を気にせずに作り直す前提ならば……実はランエボよりも速くエボリューションする個体があります。それはミラージュをエボリューションです。市販されてないので、自分たちでつくることになりますが……。実はランエボのパーツを要加工ですが全てスワップ出来てしまうので、軽量コンパクトかつホイールベースもコンパクトに収まって起きながら4駆になっちゃうっていうマシンに仕上がります。正直速すぎです。ただし相当な量の構造変更、改公認が必要になりますし、車検を無事通せる車になるのかで言えば、難易度は1番高い車になります。正直言えば車種決め打ちのこだわりがなければ、予算の狙ってるスペックを明確にし、目標としているスペックにまで仕上げるにはいくらかかるかを考えて、1番近道なベースにした方がトータルお金はかかりません。なので、どのシリーズも結局突き詰めれば同じエボ同士なので同じスペックにまでなるのですが、かかるお金的には9がオススメで、次に6じゃないかなぁと僕は考えました。質問のレベルからして車のチューニングに対しての知識が殆ど無い方と思われます。しのごの言わずにチューニングショップに「速い車にして下さい。予算はいくらでもあります」と言えばいいんじゃないんですかね?そうすれば貴方の言う死ぬほど速いエボ4になると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です