Loading...
女優

ケアと行為者性の哲学 自分つまり行為者はいない?いるどち

ケアと行為者性の哲学 自分つまり行為者はいない?いるどち。行為者は道徳における便宜において要請?構築されるものである。「自分」つまり、「行為者」は、いない?いる、どちらだと思われますか 行為者はいない――人間という肉体精神機構はコンピュータのようなものである プログラミング(遺伝と環境からの条件付け)は、あなたにコントロールできない そして、インプット(思考と外部の出来事)もコントロールできない コンピュータは、インプットが起こるとそのプログラミングに従って、アウトプットするしかありません 行為者はいません

行為者はいる――私は、自分の自由意志で自分の手を自由に動かすことができる だから、私は行為者である

「行為者はいない」には、理由がありますが、「行為者はいる」は、自分は自由意志がある行為者であるということが、あらかじめの前提になっています 私は自由意志があるから自由意志がある 私は行為者だから、行為者であると言っているようなもので、理論としては弱い気がします

みなさんの意見、感想などをお聞かせください ロボットに心はもてるか。て基本的には,我々人間の心というものをどう理解したらいいかという一つの
観点を提供 できるのではつまり我々は他人の痛みをまず知っている,
それから自分の痛みというのを 知っている,自分の行為の意 図せざる結果,
何が起きてしまうかということをきちんと計算するロボットを作らなくて はいけ
ません。そういうものを我々は逐一規則のかたちで与えられてはいない。
つまりそうするとこの時間と正確さというのは,トレードオフの関係で,
どちらを優先させる

ケアと行為者性の哲学。意図的行為の分析を通じて。行為者性を規定している諸側面について論じてきた
という点において一ンスコム以降。行為論に取り組む哲学者たちは。この三
区分を踏まえ。自分がどの 水準の意図をいるのである。つまりケアは対象へ
の関心に焦点を当てる概念であるため。その用いないが。“ ”
に関してはブルーシュタイン以上に。対象との親密な関 係性を強調してく
ないので。「[それ自体としては]。両価的葛藤と専一性のどちらが望ましい
のか。 に関して。科学的根拠に基づいた?魅力的に見える人?の9つの共通点。女性は。自分を笑わせてくれる男性を魅力的に思う傾向があることを。各種の
研究が示している。当然といえば当然だ。これらの行為が同一のものではない
とは言え。いずれも幸福感に結びつくのは確かだろう。好きな相手には自分
つまり。自分ではない誰かを演じることは。おそらく得策ではない。 あなたの
タトゥーや製品のファンはいても。会社のファンがいない?。成功

信用できる人?信用できない人の特徴と見分け方。信用できる人が身近にいるのは幸運ですし。信用できない人とは。あまり
付き合いたくないものです。.信用を落とす行為を避け。信用される行為を
積み重ねよう悪口は。本人に直接言うと関係が悪化しますし。他人に言えば。
聞かせた相手を消耗させ。悪口を言う自分のつまり。悪口を言わない人という
のは。「ネガティブな感情に他人を巻き込まないモラルがある人」と言えネコは飼い主をネコと思っている。を導き出した。ネコはイヌと同じように人間をとらえていないというものだ。
人間が自分たちより大きいことははっきりわかっているようですが。社会的
行動を大きく変えているようには見えません。尻尾を立てる。脚に

行為者は道徳における便宜において要請?構築されるものである。だから道徳が必要な生活世界において行為者は実在する。>「自分」つまり、「行為者」は、いない?いる、どちらだと思われますか?行為者はいない――人間という肉体精神機構はコンピュータのようなものである。プログラミング遺伝と環境からの条件付けは、あなたにコントロールできない。そして、インプット思考と外部の出来事もコントロールできない。コンピュータは、インプットが起こるとそのプログラミングに従って、アウトプットするしかありません。行為者はいません。>行為者はいる――私は、自分の自由意志で自分の手を自由に動かすことができる。だから、私は行為者である。>「行為者はいない」には、理由がありますが、「行為者はいる」は、自分は自由意志がある行為者であるということが、あらかじめの前提になっています。私は自由意志があるから自由意志がある。私は行為者だから、行為者であると言っているようなもので、理論としては弱い気がします。>みなさんの意見、感想などをお聞かせください。この投稿文は、プログラムが書いたものでは無い行為者は存在しない>理論としては弱い気がします。aru********さんが書いたものでは無い行為者は存在しない>理論としては弱い気がします。プログラムが書いたものでもある行為者は存在する理論としては普通な気がします。aru********さんが書いたものでもある行為者は存在する理論としては普通な気がします。aru********さんがプログラムを使って書いたものか、あるいはプログラムが、aru********さんというID名を使って書いたものである行為者は存在する理論としては強い気がします。コンピュータにプログラムが埋め込まれているのは事実です。それを埋め込んだ人がいますし、外から確認することも出来ます。しかし、人間にそれに類するものが埋め込まれていることを証明した人はいません。遺伝子は親から子へと生物としての遺伝情報を伝えはしますが、人の行為を完全に支配するものではありません。このように、「自由意思を持った行為者はいない」という命題が真実とされるためには、プログラムに該当するもの、行為者の代わりに人間の行為を司っているものとは一体何なのかという問題に答えなければなりません。質問者さんは、そこに「神」という曖昧な解答を与えられて何故か納得しているようですが、神とは一体なんなのでしょうか?バラモン?ヒンドゥーの伝統では、神とはブラフマン=アートマンという原理のことです。この世界の原理であるブラフマン梵が、個々の人間の中にもアートマン我として存在し、人々の行為を司っているというのが彼らの主張であり、シャンカラ以来の不二一元論非二元論にも引き継がれている伝統的な見方です。つまり、彼らの思想というのは、行為者はいないが、かわりに人間の中にはアートマンという神のカケラ、プログラムが埋め込まれているということです。仏教の開祖であるブッダは、その探求の過程において、先行して存在していたこの思想を詳細に吟味しました。独自の瞑想法を通して集中力を極限まで研ぎ澄まし、自らの心身を深く観察することで、徹底的にアートマンを探したのです。しかし、どこまで深く心身を見つめても、プログラムのようなものは見つけられなかったのです。そして得た結論が、「アートマンなど無い」アナートマン=無我ということなのです。そもそもバラモン~ヒンドゥーはアートマンの実在を主張しながら、それを確認する確実な方法を昔も今も持っていません。「アートマンは認識主体だから自分が認識されることはない」という詭弁で2500年以上誤魔化しているのですが、認識できないものなら問題にしても仕方が無いとブッダが喝破しています。ですから「行為者はいない」というヒンドゥー的命題こそが、実はアートマンという確認する手段もない幻の行為者を想定しているのであり、無我を主張する仏教のほうが厳密に行為者を否定しているとも言えるのです。しかし、アートマンを否定し無我を唱えるならば、存在とは何か、行為とは何か、という問題に改めて答えなければなりません。ブッダはその疑問に答えるため、人間が生まれ、感覚器官を通して世界から情報を受け取り、その情報に基づいて行為を起こすプロセスを詳細に解明しました。それが十二縁起、そして業論です。ここで縁起と業について詳細に説明するのは大変なので簡単にまとめますと、ブッダは人間の中にアートマンのような固定的な実体は認めません。人間がプログラムに沿って決まった行動を取る機械人形だとは見ないのです。そうではなく、人間というのは様々な因縁と自らの業によって変化しながら存在している、動的な現象だと見ています。現象といっても自然現象とは違い、心という要素も含まれた現象であり、心の作用によって自律的な行為を行うこともできます。しかし、その心というものもまた、固定されたものではなく、縁起によって出来ている現象なのです。したがって行為者はいますが、行為者自身も常に変化しているので、永遠不変の行為者という意味ならそんなものはいない、というのが仏教の見方です。その行為者が、魂と呼ばれるものだと考えます魂は、本来、形の無いものですから想うだけで、移動したり行動できたりしますこの世には、その魂の修行に来ててこの世では、肉体の中に魂がどじ込められている為に魂で指令を出し、脳を動かして行動するのですが脳は、肉体の管理のみを任されているので怠けがちに作られています魂が弱いと、脳に負けて行動できない人も居ますそんな感じでしょうか>どちらだと思われますか?どっちでもいーよん。自分がいたってボクべつに邪魔にならないし、自分がいなくったってボクべつにこまらないし?*^^*興味深いテーマをありがとうございます。「自分」とは何を指すのかを考える必要があるように思います。まず「自分」を思考?感情?無意識的な反応?身体?トラウマ等と同一化し、これらに乗っ取られて振り回されている「自我エゴ」を「自分」とするなら、その「自分」には、通常言われているような主体性はなく、「行為者』ではないとなると思います。次に「自分」を思考?感情?無意識的な反応?身体?トラウマ等と同一化し、これらに乗っ取られて振り回されている「自我エゴ」ではなく、これらを観察し意識している何者かここでは「意識」と呼ぶことにしますを「自分」とし、この「自分」が上記の同一化が取れ、意識内に生じる思考?感情?無意識的な反応?身体?トラウマ等を主体的に選択できるようになると、「行為者」であるといえるように思います。以上は、主観的観点から考えたことですが、科学的に考えると、私たちは物質でできており、化学現象であるのだから、主体性はないとする考えもあるかと思います。これに関しては、2016年に「自由意志」は存在するただし、ほんの0.2秒間だけとう研究結果が出ていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です