Loading...
ビジネス

イチネンケミカルズ旧タイホーコーザイ ケミカル浸透潤滑剤

イチネンケミカルズ旧タイホーコーザイ ケミカル浸透潤滑剤。成分のところをよく見てみよう…他の浸透潤滑剤と明らかに違うところがある。ケミカル(浸透潤滑剤)に詳しい人いますか ペネトンAという物を知り合いから貰ったのですが、今自分が持ってる浸透潤滑剤との使い分けがよくわかりません
今持ってる物は

ワコーズのラスペネ
AZのCKM 001

この二つです
固着したネジやボルトにはラスペネ、チャリンコのチェーンにはCKM 001といった使い方をしてますけどペネトンAの出番や位置付けってなに と思ってます
ブログなどを検索しても具体的な位置付けや他の浸透潤滑剤に比べてペネトンAが特に優れている点がわからずどう使い分けして行ったらいいか悩んでます

それぞれの成分に由来する適した用途や使い分けのアドバイスを頂きたいです
よろしくお願いします ケミカル浸透潤滑剤に詳しい人いますか。成分のところをよく見てみよう…他の浸透潤滑剤と明らかに違うところがある。
缶にも浸透“防錆”潤滑剤と書いてある。 錆びて固着したネジを緩めるだけなら
ラスペネ。その後の錆び止めまで考えるならペネトン。

イチネンケミカルズ旧タイホーコーザイ。イチネンケミカルズ旧タイホーコーザイ ペネトン 缶
錆びたり。焼付いて固着したボルト。ナット等のゆるめ金属製品の潤滑。防錆 □
性能?性状 ?弟子が二人も欠けちゃっても。よろしいんですか? お師匠」今季一番。今季一番 その他- イチネンケミカルズ 設備用防錆浸透油
ペネトン,-すぐったレディース福袋 – -防錆効果を上げ
た処方で。他の浸透油と比べ長期防錆が可能。 ○錆びついて固着した用途○
錆びたり。焼付いて固着したボルト。ナット等のゆるめ○金属製品の潤滑。防錆
□品番JIP。他のスプレータイプの浸透円滑スプレーでは。ペネトンの様な訳には。行きませ
ん又購入したいと思っています。 続きを読む 人のお客様がこれが役に立ったと
考えています

成分のところをよく見てみよう…他の浸透潤滑剤と明らかに違うところがある。缶にも浸透“防錆”潤滑剤と書いてある。錆びて固着したネジを緩めるだけならラスペネ、その後の錆び止めまで考えるならペネトンA。錆止め効果が高いから、工具の手入れなどにも向いている。ペネトンは昔からのプロ御用達ですね。写真ではタイホーコーザイとなっていますが現在ではイチネンケミカルズ、タイホーコーザイの前はコーザイのブランドでした。一昔は取り敢えず揃えるならコーザイが最も無難とも言えましたし、今でも旧コーザイ系で揃えている工場も多いです。ペネトンAは難しく考えず浸透防錆潤滑剤として使われて構いません。使い分けというのは難しいところですが固着外しにはラスペネの方が良いかもしれません。ただラスペネは少し高いので多用する部位には勿体無い場合もあるため、概ねペネトンでカバーして部分的にラスペネを使うのがコスパ的には良いかと思います。CKM-001も浸透系ですが潤滑性は極圧、つまり高荷重時の耐摩耗に向いており、低荷重ではPTFEを含むラスペネAの方が良いかもしれません。費用からの性能的には高い潤滑剤ではあり、使い勝手も良い製品です。そういうノズルついてるのは、たいていが浸透潤滑剤です。用途はほぼ同じです。どれも似たようなものです。わざわざ買って使い分ける意味がありません。ペネトンという製品は40年位前に自動車製造工場の設備保全課で使っていましたよペネトンAを調べてみたらモノタロウでは評判良いようですね。少なくとも556よりは。成分はわかりませんが、PTFE入りで逆さ噴射可能、ノズル格納式など、他社に無い特長を持っています。また、製造元は船舶用製品を作っていた会社なので、水置換性能も期待できるかも?ケミカル類で差があるかはわかりません。なので、ラスペネや001と自ら比較してみるしか無さそうです。少なくとも、錆取りやネジ緩め、チェーンオイルとしては使えそうではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です