Loading...
子育て

はじめまして はじめまして 息子がカエル大好きでカエルの

はじめまして はじめまして 息子がカエル大好きでカエルの。カエルも今やたくさんの種が流通していますが、やはり安心なCBで、丈夫で飼いやすいのは以下の仲間たちです。はじめまして 息子がカエル大好きでカエルの飼育を検討しています カエル飼育は初めてです

初心者でも育てやすい種類でツノガエル、イエアメガエルを見ました どちらも見た目が可愛くどちらかにしようか悩んでお ります

自分なりに2種類のカエルの特性を調べてツノガエルはあまり動かなく、なんでも食べ頻繁に餌を与えなくていい、あまり広さを必要としない けどかなり大きくなるし噛まれたら流血するほどの強さ

イエアメガエルのほうがよりカエルらしくかわいいなぁと思う反面レイアウトや生エサ、場所など取るのかなと悩みます

どちらの方が管理がしやすいでしょうか 詳しい方おりましたら教えて下さるとありがたいですm(*_ _)mカエルの飼い方。樹上棲種。陸棲種の飼育ケージ。カエルは。大型種でも程度にしかなりませ
ん。普通の種類で~他に。釣りエサとして売られている「サシ」ウジ
イエバエの幼虫にチーズを与えて。室温に放置しておくと成虫のハエになるので
。与えることができる。 ニホンアマガエルは。ハエは大好きみたい。なお。サシ

我が家の植物とカエル。カエル大好きではないですが。見つけたらついつい撮ってしまってちょっと
可愛く思えました たくさん我が家の植物とカエル』のみどりのまとめを
みんなに紹介してみましょう花ママ** さん初めましてうちの息子たちは
男の子なのに。虫が大の苦手で小さなバッタでさえ触れないはじめまして。いずれかを含む。はじめまして 息子がカエル大好きでカエルの飼育を検討してはじめまして。ザ?カエル―世界のカエルの飼育がわかる本。で田向 健一, 利光, 松橋のザ?カエル―世界のカエルの飼育がわかる本
アクアリウム?シリーズ。方のために。カエルの飼い方を軸に。世界のカエル
。カエルの体の仕組み。病気のことも紹介し。よりカエルのことを正しく理解し
て欲しいという趣旨で執筆。カエル好きの息子が。暇さえあれば。見ています

はじめまして息子がザ。はじめまして。息子がカエル大好きでカエルの飼育を検討しています。カエル
飼育は初めてです。初心者でも育てやすい種類でツノガエル。イエアメガエルを

カエルも今やたくさんの種が流通していますが、やはり安心なCBで、丈夫で飼いやすいのは以下の仲間たちです。?ベルツノガエルをはじめとしたツノガエルの数種の仲間?イエアメガエル?アフリカツメガエル又はヒメツメガエルこの中で一番日本人がイメージしやすい「カエルらしいカエル」と言ったら、イエアメガエルでしょう。今や全身がブルーとか薄いベージュとか、背中に白い斑紋が散っているスノーフレークという品種までいるほどなので、選べる楽しさもあると言えます。生きている昆虫を餌として与えることが望ましいですが、ピンセットからの給餌に慣れさせれば、いずれは冷凍コオロギを解凍したものでも使えるようになります。ケージ内の空気を温める必要があるので、ケージの背面か側面にフィルム状の遠赤外線ヒーターをテープなどで貼り付けて保温します。ヒーターだけで温めきれない場合は、ヒーターの外側から断熱材板状の発泡スチロールなどを貼り付けると良いです。小さなケージならば、大きな発泡スチロールの箱を横に倒してその中に入れてしまうと良いでしょう雪で作るかまくらみたいな感じです。ツノガエル系は、最終的には成長すると動かないだけでなく、給餌の間隔も空くのであまり飼っている感が薄くなるものの、何年もじっくり付き合うことができるとも言えます。もちろんベビーのうちはこまめな給餌が必要です。ちなみにこのタイプには皮膚のゴツゴツ感とか色合いや顔つきなどがちょっとゴジラっぽいアフリカウシガエルというものもおります。保温のやり方は下からが基本ですが、厳寒期は空気が冷えるのでイエアメガエルと同様の対処がよろしいかと。でまあツメガエル系はめちゃくちゃ飼いやすいです。魚を飼うように水を温めるだけですから、空気を温める必要が無いのは楽だと言えます。ただあんまりカエルっぽくないかもですが、老成個体はド迫力ですよ。この水中飼育タイプならば、実はマルメタピオカガエルがおすすめです。いかがでしょうか。よろしくご検討ください。カエルの飼育はなんと言ってもアズマヒキガエルが誰がなんと言おうとも、とっても簡単ですよ。温度管理も入りませんし。餌はワラジ虫でも、ミミズでも毛虫でも何でもかんでも簡単に食べてくれます。毒蛾の幼虫でも青虫でも簡単に食べてくれ感動すらします。餌をたらふく食べ寒くなったら勝手に玄関先で冬眠してますから餌をやる必要性もありません。初心者には最高級のカエルです。参考にならないと思いますが国産の樹上性カエルを飼育しています。なので樹上性であるイエアメの方の話しかできませんがレイアウトは人それぞれです笑私は装飾に力をいれるタイプではないので水入れと隠れ家2つ入れて造花葉っぱや蔦を乗れる程度にしか置いていません笑イエアメは樹上性の中だと大きい部類だと思うので3030の高さ45とかはいるかもしれませんね…。ちなみに樹上性でも慣らせばピンセットからエサを食べるので給餌は難しくないかと思います。また我が家の子は生き餌でも人工餌でも食べる子なので冷凍した餌虫と人工餌を交互に与えている感じです。あと樹上性の子は立体的に動く分うんちが色んな場所にあります笑基本は隠れ家の上や水入れにしていますが、たまに壁にべったりくっ付いているのでケージの掃除をする際は全体的にやる必要があります。ツノガエルは地上性なのでイエアメほど立体的には動きません結局のところ息子さんとペットショップに行って気になった子をお迎えするのがベストかなと思います笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です